2012年

1月

04日

下地整備と言いつつも~それなりのBボルダー

今日はケーコさんとBボルダーへ。

コミは筋肉痛のため登る気なし。

掃除と下地整備をしようと画策。

対するケーコさんは登る気満々。いいことです。

コミは早速下地整備を延々と。

その間ケーコさんは自分の登りたいラインのお掃除。

苔ていてクラックに土が詰まっているし、結構大変そう。

高さもなく、少し寝ている壁。

真ん中のクラックがケーコさんが掃除したとこ。

で、ケーコさん。

よし登るぞってことでトライ開始。

掃除が甘かったのかなんなのか、ケーコさんが動くたびに土がボロボロ、埃が舞う。

マントルで勇気が振り絞れず、何度か降りてきたけれども、とうとう登り切りました!

SDスタートでクラック沿いを。

初級編といった課題。ちなみに動画は某所から無許可で貼り付けています。

この面の反対側が一枚目の写真。そちらは高さがあります。

 

登るのを見ていると登りたくなるのがクライマー。

で、下地整備を中断しケーコさんの課題、さらに一つ左のラインを登るコミ。

顕著なサイドプルを左手で、右手は小さなカチでスタート。

カウンターをバシッと入れて、クックックッと立ち込んでいく。

もう一手、二手あるかなって思っていたら、手を出したらリップに届いてしまった。

う~ん、惜しい。

ただクライミングの動きは入ってくるのでワンムーヴでも満足。

右のクラックを足で使うとより簡単になってしまうので、使わない方が面白いかな。

次に対岸の薄かぶりの岩へ。

ケーコさんが目標とできる丁度良いラインがあるのでどうかなって。

そしたら、渡れないでやんの、ケーコさん。

コミは上の動画、左に見える小さな滝をピョンと。

ケーコさんはこれまた勇気を振り絞れず。

さらに徒渉をしようとしたら思った以上に深かったらしく、あえなく断念。残念。

で、ケーコさん。

先ほどコミが登ったラインに打ち込むことにしたっぽい。

サイズの問題かサイドプルが利くところまで身体を上げられないよう。

などと色々やっているケーコさんを横目に、コミはぴょんと滝を渡る。へへへ。

 

で、手を付けていないマントル課題ができそうな面のお掃除。

ちょうどスタートホールドがあるのでSDでムーヴつくり。

これが思ったよりも悪くて悪くて。

ホールドが甘い、最後のマントリングが悪い。

しばらく打ち込み妥協のマントルを発見。

結構苦労して登りましたが、、、いまいち納得のいかない感じ。

後日あらためて掃除をしてみると、結構ホールドが出てきちゃって。

あらら。。。

最後に大きな岩の一番見栄えのするラインを試登。

可能性は十分にありそう。

これは楽しみにとっておきましょうってことで今日は撤収。

あぁ~、結局登ってしまったけれど、楽しかったので良しとしましょう。