パーシーをパシッと登りにひとっ走り ~懐かしの湯河原

仕事を勝手に切り上げ、湯河原へ。

午後2時過ぎに到着。見上げるとルートにも貝殻岩にもクライマーが見え隠れする。

まずは気になっていた課題を見に桜岩へ。

時間が時間なのでイソイソとストレッチ、そして適当に登ってから。

さて気になっていた『桜花/1級』。

スタートだけをやってみる。

3回目で一手目が取れた。あわよくばつなげようと思ったけれど核心で力尽きる。

う~ん。

ちょっとスタートを以前と変えてみたんだけれど、どっちがどっちだか判断できない。

まっ、つなげてみてからかな?

どっちにしろ、こっちの方が明らかにスッキリするな、ってことで次回本気トライをしようとメモって移動。もう一つの気になる課題へ。

 

忘れもしないあの日

初めてもちもち君と出会った梅林ボルダー。

そしてタケピさん、もちもち君と3人でセッションしたあの課題。

 

『パーシー/2級』

 

蜘蛛の巣と、くっつくトゲトゲに滅入りながらも到着。

改めて見ると結構高い。

さらに左下に出っ張っている岩と、真後ろの木がプレッシャーな課題。

フム。

しばらくフットホールドを目で探し、ムーヴを思い描いていると『ポツリッ』と。

さらに『ポツリポツリポツリッ。』

ってことで、背中を押されていざトライ。

1回で登れた~!

怖かった~!

 

それほど難しくはないはずだけれど、上部核心なので強さを試されますね。

最後のリップ悪かったです。デッドとかで、ギャンブルっぽい登り方になっちゃいました。

足も悪いです。どっちかっていったら、足の課題ですね。

リーチがある人にはもっとやさしく感じると思います。

湯河原では貴重な高さのある課題で、緊張感あって楽しめました。

動画見ると、マット置く位置が悪いですね。

ちょうどマントル直下のランディング面に石が出ているので、その上に置いた方が良かったかな?予定ではもう少し左抜けだったんだけれどね。

 

何はともあれ、声を大にして言いたい。

 

『お~い、登ったよ~!!!見てくれた~???』

 

ふう、すっきり。

 

で、片付けをしているとケーコさんからTEL。時間は4時。

岩の中の鹿さんと一緒にいるらしい。

久しぶりにお話。もう少ししたら暇になりそうだから、遊んでやってくださいねぇ~!

 

最後にせっかくの湯河原、もったいないので米粒岩の4級などに手を出そうとマットを広げる。

したら半端なく降ってきた、雨が!!

何かのメッセージなのか!?

そして何かを悟って、そそくさと荷物をまとめるコミでした。

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    無名のK (木曜日, 24 11月 2011 21:14)

    再始動おめでとうございます。

  • #2

    コミ (木曜日, 24 11月 2011 23:37)

    K師こんばんは。
    このままフルに参戦できれば良いのですが。
    ちなみにタイトル、拝借致しました(笑)

  • #3

    もちもち (月曜日, 28 11月 2011 13:42)

    もちろん、見ましたよー!
    わーぉ、独りであれをトライするなんて\(◎o◎)/
    忙しさでほとんど登れてないようなのに、調子いいですね
    お仕事が一段落したら、またセッションしましょう。
    やはり湯河原か城ヶ崎ですかね

  • #4

    コミ (土曜日, 17 12月 2011 23:02)

    もちもちクンありがとう!
    つい見せたくなっちゃった!
    そろそろフルタイムで参戦できそうだから、どこでも行くよ!
    連絡するね!