俄然モチベーションアップ!~ウキウキ城ヶ崎経由サムサム湯河原

いよいよ初城ヶ崎!

朝6時ちょいに家を出て、2時間くらいで到着。この時間だと渋滞もなく、早いんだ。

今日は、ひっさしぶりのヨシミさんと2人で。とりあえず富戸駅周辺をウロウロ。海沿いの道に下りると、大きなボルダーがポツン。ジャ、ジャクソンボルダーだ!

ワクワク。

 

ジャクソンボルダーには先客3名。その人たちに駐車できる場所を教えてもらい、車を停めて再びジャクソンボルダーに。あったかくて素晴らしいロケーション。コミは海沿いの岩は初めてなので、見るモノすべてが新鮮!岩が濡れているか心配だったけれど、そんなこともなく絶好のコンディション。ボルダリング日和ですね!

 

コミがストレッチを始めると、すでにヨシミさんミウラーを履き始める。

「もう?」

「だって、やることないもん」

う~ん・・・若いって素晴らしい。

 

で、とりあえず東面のスラブを登ることに。まずは右カンテを登る6級?をオンサイト。でも、マントルがめちゃめちゃ下手くそ。それもそのはずで、クライミング歴3年で、ボルダリングが小川山→湯河原→城ヶ崎で3回目。過去、マントルらしい動きはしていないのです。早速、今日の課題が見つかりましたね。

 

続いて左隣の3級?に。けれど登れず。さらに左隣の4級?を数トライでキレイに登る。ここでようやくレスト。

 

コミもようやくストレッチを開始。そして6級?、4級?、さらに左カンテの6級?を登って「馬の魂/1級」へ。簡単かなって思っていたら、一手目が届かない。色々考えるも届かない。仕方なく右アンダーガバを使って登る。う~ん。ヨシミさんも「馬の魂」を打ち込んで、打ち込んで、打ち込んで・・・

登れました~!おめでと~!スッキリですね。

 

コミは「山椒魚/初段」。ふんふん。一手目はなんとかなりそう。コミは2手目が核心。左足のフックが、ヒールもトウもいまいち信用できず。そうこうしていたら、あっという間にヨレてきて右手が保持出来なくなっちゃった。慣れれば登れそうなので次回に持ち越し。さらに「富戸の冬/1級」に手を出してしまう、出さなきゃ良いのに。コレ、コミ、ダメです。左手の縦カチが保持できないわ、痛いわで数トライ。これまた次回は登れると自分を慰めて終了。タケピさんならすぐに登れちゃうだろうなぁ。

と、ここでトイレ休憩。

トイレの場所を聞くと、車で行った方がいいよ!ってことなので、だったら移動しようということに。コミは漁り火へ行きたいのです。無事トイレを済まし、先程の駐車場を見ると埋まってしまっています。じゃあ、他の駐車場を探そうとウロウロ。どっこにも停められそうな場所が見つかりません。駅へ行って聞いてみたら「全部月極だよ。」とつれない答え。路地を入っていくと路駐がたくさん。でも、だめだよなぁ~。そしてやっと見つけた個人宅?にある駐車場。けれどピンポン押しても誰も出てこない。そして・・・仕方なく湯河原へ転戦。まさかの城ヶ崎経由湯河原行き。渋滞にどっぷりはまって湯河原着が15時すぎ。ものすごく空気が冷たい。

人出はものすごい。

目立たない貝殻岩へ。先客は穴倉岩にお一人だけ。お話をすると「穴男」を登ったとのこと。ずっとジムで登っていて、最近外の岩へ来だしたらしい。きっかけはyoutubeの動画を見て登りたくなっちゃったって。そうなんですよね、動画見ると登りたくなっちゃうんですよね。

 

さて、ヨシミさん。まずは「石切師/6級」。これが大はまり。スタートホールドだけ教えて、あとはずっと見ていたんだけれど、なかなかマントルってムーヴが出てこない。やっぱり岩の経験不足かな?あ~だこ~だしてやっと登れました。

その後、「リップトラバース/4級」「マントル4級」「パイプライン/初段」「白加賀/5級」とトライしますが、結局どれも登れず。コミはデモだけで、何も登らずにヨシミさんのトライを見て楽しんでいました。

 

ヨシミさんはインドアだと登れているので、慣れればもっと登れるんだろうけれど、外より中が好きって言っていたのでどうでしょうか。外にはまってくれれば良いのですが・・・。

 

返す返すも残念な、でも楽しかった初城ヶ崎でした。

次回はちゃんと予習して(駐車場とかの)、城ヶ崎へ行きたいと思います。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    無名のK (水曜日, 16 2月 2011 22:23)

    城ヶ崎デビューおめでとうございます。
    駐車場は残念でしたね。産衣の展望台に下りていく右手にそれらしいのがあった気がします。

  • #2

    コミ (水曜日, 16 2月 2011 22:46)

    ありがとうございます(苦笑)。
    個人宅っぽい駐車場がまさにそこで、空いていたんだけれど誰もいなかったので・・・。
    あぁ~、駐車場があればK師とも会えたのに~!