ロックでメタルな課題を打ち込む~初登りは湯河原で

2011年初クライミングは湯河原幕岩。

早咲きの梅と青空とポカポカ陽気。

貝殻岩には先客3名と梅林ボルダーに1名。梅林ボルダーの「ボル中」さんはタケピさんが絶好調だった小川山でお会いした。あの時、湯河原の木漏れ日面白いですよ!ってお話したら早速登ったそう。う~ん、強いですね。そんなボル中さんは秋晴れのムーヴ練習から本気トライ数回で見事完登!

ケーコさんも初登り。

今日は「アイアンメイデンSD/3級」と一本勝負!アップもせずに、いきなり取り付く。

『指皮なくなっちゃうんだもん。』

なるほど。そしてデッド、デッド、デッド、デッド、デッド、デッド・・・。

ひたすらデッドポイントを繰り出すケーコさん。しかし止まらない。あまりに止まらなすぎて真剣に悩む。悩みどころは2手目の左手の持ち方。コミのデモとかボル中さんの登りを見て自分と持ち方が違うことに気が付く。そこで、左手の持ち方を変えてデッド出したら、

『わかった!』

と一言。そしてとうとう・・・

止まったぁ~!!!

 

あとは落ち着いて登るだけ!!!

ガバでチョークアップしつつ、次なる一手に目標を定める。

左手ガバカチから右手をガバカチに伸ばす。触っているんだけれど、恐怖心からか一伸び足りない。そして気持ちが切れて、自らジャンプ。ケーコさんにとっては初めての高い岩での限界グレード。恐怖心で次なるムーヴを起こせなくなってしまいました。相当ショックだったみたいだけれど、その恐怖心を乗り越えてこそクライマーです。次回は自分の気持ちを上手にコントロールできるように、自信を持って登りましょうね。

コミは、正月疲れによりハードな課題はパス。で、宿題であった「ローリングストーンSD/3級」を登ることに。何気にテクニカルで、パワーも要る課題。スタートの時、挟まっている丸い岩を使いたくなるんだけれど、使うと気持ち悪い、ので使わない。一手目左を中継して遠いカチへ飛ばす。こっからが核心で、コミは右手をスタートホールドのチョイ上にある甘いアンダーに飛ばす。そうすると右足が上がるのでスタートホールドにヒールフック。外れそうで怖いんだけれど右手をガバガストンへ出す。これでほぼ終了。このガバガストンのちょい上の高さにガバが結構あるんだけれど、それは限定で登りました。

かぶってて、スタートしづらい。

2手目を取って、右手をアンダーに飛ばす。

右足ヒールから右手を出すところが核心。後ろの岩が気になって恐怖核心でもある。

 

数トライを重ね、なんとか登れた。良かった。

 

ちょっと疲れていて、数も登れず今日はここまで。

まぁ、初登りだし楽しく登れたので良かったです。

 

って感じで、2011年の初登りは終わったのでした。

今日の成果

 ▲貝殻岩

  アップで、ウロウロとトラバースしたりする。

  ◎ ローリングストーンSD/3級

   力業でも登れるだろうけれど、ムーヴを組み立ててみたら面白かった。