取れた人と取れなかった人~課題山積の小川山

朝焼けが美しい、ここは小川山。

今日はケーコさんを連れだってのボルダリング。行きの車中で話し合った結果、まずはヴィクターへ。ケーコさんの目標である、悪名高き「マントル5級」と勝負するため。一年半前はまったく歯が立たなかったこの課題で、自分の成長を感じ取ろうという魂胆です。

ヴィクターへの途中、河原でキャンプをしていたボルダラーに挨拶。う~ん、ストイック!ヴィクターは最後まで貸し切り。思う存分ですね。

陽が当たってないので、岩がめっちゃ冷たい。一瞬で感覚がなくなってしまう。とりあえず、モチベーション激高のケーコさんのトライを見守るコミ。ケーコさんの背中からワクワク感が嫌と言うほど出ています。

1年半前はどうだったかというと、リップのガバを一度も保持できず。当然、マントルどころじゃなく、それでもリップをとるために何十回とトライを重ねていましたが・・・。

結果から言うと

 

 『取れました!』

 

リップのガバを。この1年半の成長をまざまざと見せつける。この課題のマントリングは、それほど難しくないのでもらった!と思いましたが・・・

 

まったく返せる気配がありません・・・。うんうん唸るばかりで。あぁ~、また新たな宿題が。どなたか、マントリングのコツを教えてあげてください!

コミはというと、とりあえず登りたい課題がなかったのでウロウロダラダラな感じ。コンケーブでアップしようと思ったら、

この体たらく。もしかしてと、淡い期待でtwo monksに取り付くも、当然シャルマの気持ちはわからず。さらに、かたっぱしから触りまくるもよくわからないまま終了。もうダメ。

ってことで、逃げるように移動移動。

 

やってきたのは石の魂。

コンディションは先週より断然良く感じます。早速「石の魂/1級」に取り付きます。

結果から言うと

 

 『取れませんでした。』

 

ポッケが。触りこそすれど、保持出来ず。まだしっかりと届いていないってこと。あぁ~、なんていじらしい課題。ポッケのふちに指がかかるか、かからないかのところで身体が回って落下。あぁ~、いじらしい。

あぁ~、取れてるようで、取れてません。
あぁ~、取れてるようで、取れてません。

ケーコさんはというと、5級、6級でうんうん言っています。どうやら岩が痛いらしい。またまたそんな言い訳を、と思いながらコミも取り付いてみる。思わず『うんうん』と唸ってしまうこの痛さ。疑ってごめんなさい。5級なんて“モノポッケ”ですよ。どうして?6級も想像以上に悪かったです。

落ち込んでいるケーコさんに、AITを打っているデカアベさんが『マントルの練習ならコレがいいよ!』とナイスアドバイス。そして、サササッとマントルしてみるケーコさん。あぁ~、これが出来て、なぜあれができない?さらに調子に乗って、スラブの10級にもトライ。これがヒドイ。怖い連発で、デカアベさんに全ての手と足を“操られながら”完登。まさにロボットクライミング。

これ、うまいんだけどなぁ。。。
これ、うまいんだけどなぁ。。。
10級登ったあと、なぜか照れるケーコさん。
10級登ったあと、なぜか照れるケーコさん。

最後に行き着いた岩は、分岐岩。「MNP/1級」は怖くて、難しかったです。すぐさま断念。なんかモチベーション不足による負の連鎖。全然ダメ。

トウフック怖いし、左手のカチ持てないし。。。弱すぎる。
トウフック怖いし、左手のカチ持てないし。。。弱すぎる。

ケーコさんがやっているスラブへと転身。3級にトライ。これ面白い。久しぶりにスラバー魂が燃え上がってきました。一手一手成長し、いよいよ完登と思われたその時!落ちました。ズルッと。ビックリしましたよ、ホントに。結局、ケーコさん、コミともに登れず。

 

重い足取りで、帰路につく二人なのでした。

今日の成果

 ▲ヴィクターの岩

  ×コンケーブ/3級

   2回トライしたけれどマントリングできず再登失敗。でも面白い課題。

  ×サブウェイ/3級 軽くやってみた。これまた再登失敗。

  ×延長サブウェイ/1級③ ヒールかけられず。

  ×The two monks/二段② 時期尚早。核心にすらたどり着けず。

  ×コンパウンド/4級③ カチが持てず。

  ×マントル5級① 怖かったので途中で降りてくる。

・・・ひどすぎる結果

 ▲石の魂

  ×石の魂/1級⑤ カチ力無しを痛感。ポッケ触るも保持出来ず。

  ×5級② モノポッケが痛すぎて断念。弱い。

  ×カンテ5級② ガバが限定なの?使わずにやったら難しかった。

  ◎6級③ 悪かった。

  ◎マントル7級 マントリングの基本的動き。

  ◎10級 裏側。怖かった。

 ▲分岐岩

  ×MNP/1級⑤ これまた怖かった。

  ×3級⑥ 高さがあって面白い。

  再4級① 上部が怖かった。

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    無名のK (木曜日, 16 12月 2010 00:47)

    私もヒールフックは得意というわけではないのですが、膝をどんどん奥にせり出して太ももが水平になるくらいまで倒すようにイメージすると、体重が乗って、腰が上がりやすくなると思いますよ。

  • #2

    コミ (木曜日, 16 12月 2010 19:22)

    なるほど!
    おそらくケーコさんも「なるほど。。。」と、このコメントを読んでいると思います(笑)。

  • #3

    けいこ (金曜日, 17 12月 2010 00:21)

    Kさん。いつもコメントありがとうございます。Kさんのブログも楽しく見ています。
    先生のブログをお借りして、お返事してみました。
    マントルの前にヒールフックがなかなか下手で・・・体が硬すぎて(←言い訳です。)
    御岳のソフトクリーム岩のキックマントル同様、封印に近いですが!?次回連れて行ってもらえたらアドバイスを活かして挑戦したいと思います。
    岩場でお会いしたらまたよろしくお願いします。   

  • #4

    無名のK (金曜日, 17 12月 2010 16:40)

    ケーコさん、どーもです。ヒールの掻きこみ(太ももの裏側の力)だけでマントル返すのは誰にとっても厳しいと思います。膝を巻き込んで踵の上に重心が乗る(ワンフットレストの状態)と、手をプッシュに返してマントルにつなげやすいのではないかと……。

    私も修行中です。