NHの謎

ふと思い出した、どうでもよい話。

 

   以前、ケーコさんが黒本を見ながら

 

「“SD”ってシットダウンだから座ってスタートでしょ。じゃあさ、この“NH”ってなんのこと??」

 

   って質問してきました。おぉ、それは良いところに目をつけましたね。

   で、コミは自慢げに講釈を始めるわけです。

 

 

「“SD”も頭文字を取ってるじゃん。ってことは“NH”も頭文字だよ。何だと思う?」

 

「う~ん・・・クライミングに関係あることでしょ?“N”は・・・な・に・ぬ・ね・のだからぁ・・・(←この考え方の時点で何やら雲行きが怪しい)・・・“のっぺり”かなぁ??」

 

「いやいや、ありえないでしょ!それ!“SD”がスタート方法を表してるんだから、“NH”もスタート方法でしょ!」

 

「あっ、そっか。もう、わからない!教えて!」

 

「しょうがないなぁ。“N”は“寝転んで”、“H”は”這いつくばって”でしょ!だから“寝転んで、這いつくばってスタートする”課題だよ。」

 

「寝転んで、這いつくばってって・・・

 

あぁ~!湯河原のモンピトって課題がそうだ!なるほど!

・・・でも・・・小川山の分岐岩の9級とかにも“NH”がついてた気がする・・・

あれってスラブだから寝転んで這いつくばらないような気が・・・」

 

 

   納得したのか、納得していないのかしばらく頭を抱えて悩んでいました。

   あれから数ヶ月。

   果たして、ケーコさんの謎は解けたのでしょうか?

   今度岩場でケーコさんが寝っ転がり始めたら“NH”にトライを始めるんだ    

   なって温かく見守ってあげてください(苦笑)。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    無名のK (火曜日, 21 9月 2010 16:39)

    実際コンペでは laydown スタートってありましたね。
    「N」が「のっぺり」というのも秀逸かと。

  • #2

    コミ (水曜日, 22 9月 2010 19:21)

    laydownですか。
    まさに寝っ転がって這いつくばるですね。

    どうやら「のっぺり」という響きが好きなようです(笑)。

  • #3

    Edwin (月曜日, 23 7月 2012 14:48)

    I just love this site, its amazing and awesome and really speaks to you|I have activated to your rss feed which need to do the trick! Use a nice evening!