嶺の夕と完全コピー

 

奇妙な釣り人がいる、ここは御岳。

 

今日は「嶺の夕」1級を登りたくてやってきました。

朝一より早速日影岩へ。この嶺の夕、コミ的には御岳一のかっこよさです。

 

ほんのチョットかぶっていて、スッと切り落とされた一枚の岩に一本のライン。

高さもあって、本当に美しいです。

下地は悪いですが、トライしてみてよっぽどのことがない限り変な場所に落ちないだろうなって思いました。

 

で、2トライ+練習。核心が下で触ることができたので、そのムーヴを考えるのと、練習するのでかなりの時間を費やしました。コミが苦手なカチだらけで、足も微妙な位置、そしてホールドが遠い。みんなどうやって登っているんだろうって不思議に思いながら、辿り着いたムーヴはダイナミックなもの。イメージ的にはスタティックな感じがしますが、今のコミの力ではスタティックには登れないようです。結局はその核心で落ちてしまい、次回に持ち越し。

う~ん、カチを避けてきたので全くカチに対応できなくなっていました。

御岳 嶺の夕 1級
核心直前のコミ。

で、ケーコさんの希望により中州ボルダーへ車ごと移動。

「ジャンピングフック」1級や「レインボーハング」4級を登れたらって感じです。

しかし!やっぱりこの時期は釣り人が多く、肝心のジャンピングフックの下には釣り人の荷物がたくさん置かれています。ので、裏面の8・8・9級に静かにトライ開始。

そして30秒ほどで登っちゃうケーコさん。さすがです。

けれどいつまで経っても降りられないケーコさん。どうやら降りるのが核心のようです(苦笑)。

あっという間に3本を登ってしまい、じゃあ、次なる移動場所を考えといてということで、その隙にコミはNH(ノーハンド)でトライ開始。

 

いやぁ~、童心にかえりましたね。

足が滑って顔面強打しそうで怖かったですが、すごく楽しかったです。

途中コミを下からのぞき込んでいるケーコさんは、こんなことを言っていました。

 

「楽しそうに登っているけれど、顔は超真剣だったよ」

 

って。あぁー、そうですか。

 

さて、近場でデッドエンドへ移動。

すぐさま5級にトライ開始するケーコさん。

完全にフラッシング・モードでコミにホールドとムーヴを聞く。けれどもスタートのヒールフックがしっくり来ない様子。しばし考え、出た結論がヒールじゃなくて蹴る!でした。うん、良く考えつきましたね。その引き出しが大事ですよ!きっとヒールに拘っていたら出来なかった課題ですが、自分で自分に出来る答えを見つけたってのが成長の証。っていうことで、無事フラッシング!おめでとう!

コミは「デッドエンド横断」のスタートから1級に合流するまでのムーヴ作り。頭の中にはイメージがあるんだけれど、なかなかうまくつながりません。その後、ケーコさんと一緒に「イギリス人のトラヴァース」2級、そして以前歯が立たなかった4級にトライ。

イギリス人は核心の手順足順がうまく決まらず。う~ん、狭い!

4級はこれまた前回と同じく、スタートすらできず。ケーコさんはスタートして一手目で落ちてしまいましたが、なんか先を越されている感がありありです。ヒタヒタと足音が聞こえてきています・・・。

イギリス人のトラヴァース
イギリス人のスタート。
4級に打ちのめされ、うなだれるケーコさん。
4級に打ちのめされ、うなだれるケーコさん。

そしてまたまた移動。

寒山寺駐車場に停め、エゴイスト経由鵜の瀬岩行きです。エゴイストは2人ばかりトライしている人がいました。デッドエンドも大勢いましたし、どんどんボルダラーが増えてきている御岳。そういえば、今日一日とても過ごしやすかった気がします。

 

で、鵜の瀬岩周辺は予想通りの草没。夏はやっぱし無理ですね。なのでトコトコ歩いてマミ岩へ。

 

まずはケーコさん、前回登らなかった4級。で、フラッシング。スタートがバランシーなので離陸するまで時間がかかりましたが、これくらいの課題では落ちなくなっていますね!

マミ岩4級
フラッシング!

最後に二人でロクスノに載っていた「マミ岩横断」2級にトライ。

一生懸命にムーヴを考えた結果、二人ともまるで違うムーヴに。しかし、ここでコミはふと気付く。ケーコさんのムーヴの方が力を使わないんじゃないのか!?コミはカチアンダーを使ったりで指力をロスしますが、ケーコさんは甘いカンテを使うので指力を温存できていそう。

で、コミ。完全コピーです。ケーコさんのブーイングには耳を貸さず、完全コピーです。

これがケーコさん。
これがケーコさん。
これがコミ。
これがコミ。

こうやって写真を見比べてみると、結構精密なコピーで自画自賛(笑)。

まっ、この後の3級のパートで二人とも落ちていますが(苦笑)。

 

 

今日の記録

 × 嶺の夕/1級(日影岩) ②+練習たくさん

  予想以上に核心がむずかった。カチ力の無さを痛感。

 ○ 9級NH(中州ボルダー) たくさん。こういうのも楽しい。

 × デッドエンド横断/初段 ① 未だスタートから1級までのムーヴができず。

 × イギリス人のトラヴァースSD/2級(デッドエンド) ② パワーが必要。

 × 4級(デッドエンド) スタートすらしてません。

 × マミ岩横断/2級(マミ岩) ⑧ バランシーで面白い。なぜかパンプ落ち。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    無名のK (月曜日, 20 9月 2010 16:50)

    懸命に登るコミさんと、黒本に見入るケーコさんの対比が素晴らしいです。

  • #2

    コミ (月曜日, 20 9月 2010 22:34)

    見て欲しいときには見ていなくて、
    見て欲しくないときには見ているのがケーコさんです(笑)。