クライミング上達法?

ROCK&SNOW

ROCK&SNOWの2008年春号を読み返していて思い出したことがある。

メインの特集が

「トップクライマーが教える最新クライミング上達法」

なるもの。当然、クライミングが強くなりたいコミは全てのアドバイスに目を通したのである。

そして、気になったのはガメラさんの

 

ビギナー~ミドルの人たちに言いたいのは「やさしいところをやさしく登れるようになること」、これに尽きますね。

 

というアドバイス。

「う~ん、なるほど・・・その通り!しばらくの目標をコレにしよう!」

と決意するコミ。それからのコミはやさしい課題をオンサイトすることを目標に、むやみにグレードを上げずに経験値アップを目標に登ってきました。

 

 

そして一年後の2009年冬、湯河原幕岩清掃活動。

コミも湯河原にはお世話になっているのでタケピさんと参加しました。

開会式でフラッグスタッフのユカリさんとガメラさんに遭遇。

そのままお話をしながら正面壁方面を一緒に掃除することになりました。

ガメラさんとは(向こうは覚えていないと思いますが)何度か岩場で話したことがあったのですんなりと会話もでき、楽しくゴミ拾いができました。

そしてスパイダーマン(5.12a)周辺に来たとき、コミは思い出したように前述の話を切り出したのである。

 

「そういえばロクスノでガメラさんが『やさしいとこはやさしく登らなきゃ』って書いていたので、オレ『その通りだ!』と思って今それを目標に登っているんですよ」

 

するとガメラさん、衝撃の一言。

 

「えっ!?そんなこと書いたっけ??」

 

「え~っっっ!!!いやいや、書いてましたよ、思いっきり。なのでオレ、スパイダーマンはまだ早いと思って、やさいいルートを今やっているんです!」

 

するとガメラさん、さらに衝撃の一言。

 

「いやぁ~、君くらいならスパイダーマンやった方がいいよ!もう、それくらいになったらどんどんグレード上げてった方がいいよ!」

 

ガ~ン。。。そんなあっさりと最新クライミング上達法を撤回するとは・・・。

 

結局、スパイダーマンにトライすることなく正面壁が登攀禁止になってしまいました。今、ものすごく後悔しています。いつでもトライできると思うのは大間違いですね。

さて、そんなコミ。

岩に向かうスタンスは今も変わらず。

どんな課題にもトライし、経験値を上げ、岩を読む力を磨き、ムーヴの種類を増やし、結果的にグレードが上がっている。

ってのが理想なんですけど、ま、そううまくはいかず。でもとりあえず、楽しく、真剣にボルダリングができればいいなって思っています。

 

ちなみにガメラさんの「やさしいところをやさしく登る」ってのはとても大切なことだと思っています。コミの師匠も、大変お強いT夫妻も同じようなことを言っていましたし。なので、やさしく登ることはいつも心がけています。