湯河原ボルダーの復習と勉強②

ホンダァァァァァ!!!!!

 

いやぁ~、久々にあの高揚感を味わいました。

やっぱしワールドカップ、いいですねぇ。

こう、大人になって何かに熱くなるって経験あんまり出来ないんですよね。ふと考えると、そういえば中学や高校のときの体育祭なんかがこんな感じだったかなって。クラスリレーとか、自分が走り終わったあとに、祈るように、大声を出してクラスメイトを応援するってそんな感じの懐かしい気持ちを思い出しました。

 

サッカーは、一点がなかなか入らないのもいいでよね。

入りそうで、入らない!入れられそうで、入れさせない!

そして、それをドキドキを何回も繰り返した瞬間、爆発的な喜びが待っている!

 

岡田監督には正直失望していましたが、最後の最後で(今までのは何だったの?)岡田監督本来の現実路線(夢のない)、勝ちに徹するサッカーへ方向転換したのはある意味英断だったのかな?って思います。何はともあれ、最高に熱くなれる試合でした。この勢いで決勝トーナメント進出!応援します!

 

前置きが長くなりましたが、湯河原復習②梅林ボルダー編。

湯河原ボルダーへ初めて行った3月。

そして初めてトライした課題、初めて登れた課題(1日5トライ)、

それが梅林ボルダーの木漏れ日1級でした。

ひとりぽっちで寂しいトライでしたが、ムーヴを考えるのがとても楽しかったです。

何気に薄かぶりで、高さがあるのでスポッターがいた方がより安心だと思います。

とても良い課題なんだけど、あまりトライされていないのが残念。

ちなみに、スタートホールドがこの動画だと違います。本当はでかいポッケをマッチです。

そして、4月始めに3日間(8+1+2=11トライ)通い登ることが出来た課題。

「秋晴れ」初段。

パーッと見た感じ「これはあっさり登れるかな!?」などと甘い気持ちで取り付いたら、あらら。

ホールドたっぷりあるんだけれど、うまくつながらず。ホールドの取捨選択と足の置き場所にはかなり試行錯誤しました。中間から5級スタートまでが厳しく、最終的なムーヴでの核心は(疲れているときに)5級スタートに左手を寄せるところでした。この動画だと、左足をエッジに乗せて、右足を切って、左手を寄せるってことをしたかったんだけど、左足が見えず、変なところに乗せて切れるより斜めホールドにスメアリングして耐えた方が確率が高いと判断して、あんな感じのデッドになりました。

この課題、きっと登る人によって使うホールドもムーヴも違うと思います。他の人がどういう風に登るのか、見てみたいな。

梅林ボルダーでは、あと「アイアンメイデン」3級、「龍角散」4級、「ガンバレ西村君」5級、「袈裟切り」2級を登っています。

 

アイアンメイデンは、以前SDではない登り方をしたので登り直しましたが、核心の一手が難しかったです。今度直登にもトライしたいです。

 

龍角散は悪いです。コミはカンテとフェイスのホールドを使いながら登りました。恐怖心との戦いで勇気を振り絞りました。

 

ガンバレ西村君は、某OCC代表の名前を冠したルート。代表曰く「気がついたら勝手にオレの名前を使ってたんだよ!」と笑いながら話していました。秋晴れの後半部分のパートです。梅林ボルダーのアップで登ると高さにも慣れていいのですが、最初は苦労するかもしれません。

 

たまたまK師がいて動画を撮ってくれた袈裟切り!ありがとうございます!下部は秋晴れのムーヴから。左手でガバカチを持った後が核心で、動画を見直すと多少強引に登っちゃてますね。悪いホールドでどうしよう・・・と考えながら登っていましたが、登る前のK師の一言「今日は岩の状態がいいね」を信じて次の手を出しました。チョークバッグを着けているのに一度もチョークアップしていないのが、恥ずかしいですが・・・。

あとは「裏街道」という5級があるのですが、こてんぱんにやっつけられました。落ちたときゴロゴロと転がっちゃうので要注意です。

そして「秋雨」二段はトライしていませんが、初段が悪かったのでこれも悪いんだろうなぁって尻込み中です。初段の最後5級も結構辛かったのに、トラバース後の1級ってのが・・・。秋くらいにはトライしたい課題です。

今日の勉強の成果・・・

 

一、梅林ボルダーは湯河原のボルダーの中では高さがあっていい!

一、多少でもかぶっていると、ムーヴを駆使した方が力温存できると木漏れ日で確認

一、トライ前は落ち方とか、パッドの位置とか、危ない岩や木の位置とか確認すること  

  が重要

一、マインドコントロールはとても大切な要素

一、チョークバッグ着けてるなら、チョークアップした方が格好よい

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    無名のK (水曜日, 16 6月 2010 21:49)

    ケーコさん?の声が入ってますね。
    「むかつく」
    とか入ってなくて良かったです。(笑)

  • #2

    コミ (水曜日, 16 6月 2010 23:42)

    「秋晴れ」のときは珍しく応援されています(笑)

    湯河原行くとケーコさんが一人で(←マットも持たず!)登っていることが多いので、声をかけて一緒に登っています。で、いつもむかつかれて終わります(笑)
    ケーコさんもK師のブログは楽しみにしているようですよ!