攀HANNとショウ年

クライミングジム 攀HANN
攀HANNです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりにトレーニング。

攀HANNへは2009年4月1日のOPENからずっと通い続けていたんですが、去年の12月から行っていませんでした。

 

強くなりたい気持ちと、指を治して思いっきり登りたい気持ちを天秤にかけ、指を治すのを優先してのことでした。一番ひどかったときは攀HANNで登り終わりアイシングを30分。それでも帰りの運転中すでに右手中指は腫れ上がり、ポカポカに熱を持つくらいでした(他の指はキンキンに冷えているのに!)。で、外岩だけにしようと我慢し続け、指もだいぶ良くなってきました(でも、やっぱりジムで登ると次の日指が痛い)。

 

と、いうことで攀HANN。しばらくオーナーと雑談タイム。そしてホールド交換した壁の新しい課題を手当たり次第登っていく。なかなか4級が難しい。オーナーが一言。

「いやぁ~、本当に力落ちているねぇ~」

その通りです。トレーニングをさぼっていたツケが。。。さらに、ジムの課題を読む目も落ちているようで、なかなかムーヴが読めてこなかったりもします。う~ん。

 

そんなとき、どこかで見たことのある顔!

おぉ~!君はコバトンカップで出会ったショウ年ではないか!まさかの再開!ママと一緒に山梨から(!!)攀HANNまで来た!背も伸びて、少し大人っぽくなって、さらにクライミングが上手になってる!今日はモンキーマジックのPちゃんに教えて貰うために来たようです。なんか、すごく嬉しい再開でした!また、コバトンカップで会おうね!

 

結局、今日は新しい壁で3級までを一通り登りました。カンテを使う課題がバランシーで面白かったです!3級の課題が素直で良い感じでしたね!

 

また、攀HANNへ通いたいと思うコミなのでしたぁ。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Roderick (日曜日, 22 7月 2012 19:10)

    Hi there! This post couldn�t be written much better! Reading through this article reminds me of my previous roommate! He always kept preaching about this. I most certainly will forward this post to him. Fairly certain he�ll have a good read. Thank you for sharing!