暑さと痛さ

とにかく暑い。

車で海沿いを走っているときから、すでに気持ちが落ち気味。

 

本当は御岳へ行こうかと考えていたが、暑さと雨の残りが心配で湯河原へ。

登れる状態じゃなくてもいいやって感じで。

 

駐車場に着き米蔵にトライするか、桜岩にするか迷ったあげく

 

(米粒岩はこんな暑さじゃきっと鉄板のように焼けているだろうし、まさか誰も行ってないだろうなぁ)

 

などと思い、桜岩でプロジェクトにトライすることに。

 

桜岩には誰もいない。当然です。っていうか、今日の湯河原、クライマーすらいない気配。

 

いざ、勝負!

 

って思ったら、aoisoraさん登場!あっさり前言撤回。お久しぶりです。

 

「今来たんですか?」

「いやぁ、米蔵登ってました!」

(うわぁ~!いたぁ~!こんな日に米蔵登っている人がいたぁ~!!)

 

まさかの米蔵経由桜岩行き。自分の弱さを実感しました。はぁ。

 

さて、登りますか!

 

まずは、SDができるか検証。しかし、今のコミには使えそうなスタートホールドが見当たらない。

なのでSDをあきらめ、とりあえず使えそうなホールドと手順、ムーヴを頭で組み立てる。

やっぱり、直登よりも右上のラインを取った方が良いのかも?

 

ホールドを追い、何通りかのムーヴを考え試していく。

まずは、二手目から右上へランジ。全く無理。カチ力のないコミにとって、このムーヴはいささか無謀だった模様。

だったら、左手を一つ寄せるためのムーヴ。この左手を寄せて右上へ。ここはイメージ通りのヒールフックで解決。

そして、ランジ。全く無理。これも相当厳しい。

ので、右手をアンダーへ飛ばしてデッドで甘カチを叩きに行く。

も、そもそも右手をアンダーへ飛ばせない。

 

 

・・・

 

 

少しレスト。

aoisoraさんの桜吹雪トライを見てみる。

 

 バキッ!

 ガリッ!

 パキッ!

 

決してボルダリングをしているとは思えないような音が周囲に響く。

コミもトライ中ホールドを欠いていますが、aoisoraさんもなかなかです。岩自体がまだ不安定で、だいぶ浮いているフレークもあるので気を付けた方がいいですね。

aoisoraさんが桜吹雪、1級あるんじゃないですかと一言。ホッとしました。

 

さて、トライ再開。

まずは、右手アンダーを取ったとしてぇ~・・・からスタート。

右上カチにデッド!デッド!デッド!

止まりません。身体が回っちゃって、さらに指の痛みにビビってしまって精度が上がってきません。

 

そこへaoisoraさんも一緒にトライすることに。

まずはSDを探り、左手ピンチスタートと、右手はその下にあるカチでかろうじてSDができることを確認。

(↑後に、コミは左手ピンチはSDだと届かないことが判明。ガックシ。) 

そして核心の数手。

やっぱり、アンダーへは無理っぽいということで他のムーヴを。

一気に右上へ行くことを試みる。

手を変え、足を変え・・・。

そしてなんとなく出来そうなムーヴを発見!

さすが、aoisoraさん!結局、タイムオーバーでaoisoraさん撤収。残念!

 

一人残されたコミは、さらに何通りかのムーヴを試し、完全に指皮と、筋力と、気力を失って18:00撤収。

 

登れたら、かなりいいラインとなりそうです。グレードは今のところの体感初段です。

次回、またトライします。

桜岩のプロジェクト
つなげられるかなぁ?

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Rudolf (日曜日, 22 7月 2012 09:28)

    I was looking for something similar, I am very grateful you have shared this subject