2012年

1月

18日

師匠と弟子とコミ~3人でBボルダー

ひっさしぶりの大集合!

タケピさん、ケーコさん、そしてコミの3人組が向かうはタケピさんが是非!というBボルダー!

 

果たしてケーコさんは今日も鬼コーチから怒られてしまうのか!?

 

早速行きの車中で、

『お前、パッドをなんで持ってこないんだよ~!』

と怒られるケーコさん。

コミは内心ほくそ笑む。よしよし。

 

まずはケーコさんのご要望により、大きな岩の課題をやってもらう。

ただし!今日のタケピさんはただ登るだけでは許されないのです!

そう、既登課題の評価という大切なお仕事を担っているのです!

 

ケーコさん課題。

サササッと颯爽と登るタケピさん。

登り切って岩頂で一言。

『8級?』

横目でケーコさんを見ると、どよ~んとした目でタケピさんを見ています。

 

続いてお隣の課題。

スタートがなかなかなこの課題。

ちょっと手間取るも、その後はサササッ。しかも難しい登り方をして。

『悪いカチ使っちゃったよ~!3~4級??』

と軽く言っていますが、タケピさんの悪いカチ=線ですから。

ガバラーのコミには、そこにホールドがあることすら気付きません。

そして、コミがまだ登れていない課題へ。

全然登れる気がしないこの課題。高いし、遠いしで。

したらタケピさん。

期待以上のサササッ加減!!

そして『5級??』

さらに降りてきて

『いやぁ~、だってホールド全部ガバだし。6級?いや7級くらいだな!』

出た~~~~~ッ!!!!

そんな訳ないっつうの!!

タケピさんのガバ=薄いカチですから!

登りを見ると、はぁ~あれで届くんだぁ~!などとコミには絶望的と思えたムーヴで登っちゃう。

コミも嫌々?登ったんだけれど、人が登っているのを見るとなぜか登れちゃうパワー発揮で、完全コピー!高さがあって緊張感有り。リーチがない人には結構厳しい課題。とにかく7級ってのはありえません!

めっちゃビクビクしています。
めっちゃビクビクしています。

そそくさと移動移動。

小さなかぶり岩。

前回コミが登った課題。

数トライで完登のタケピさん!

岩の上でピョンってしてるタケピさんがかわいい動画 ↓

タケピさん、この課題は『3級くらいかな』と。

 

ケーコさんはというと、立ちスタートでマントル課題を。

前半部はサササッと解決。そしてマントルへ。ここで悲劇が。。。

あ、足が上がらない!

すかさずタケピさん、

『股関節核心かよっ!』

と、股関節について怒られるケーコさん。よしよし。

 

で、足を上げるために右手を一つ寄せて脇を開けて右足を上げる作戦。

これがピタリッ!

岩の上でヨタヨタしてるケーコさんの不思議な動画 ↓

コミは直登課題を。

一手目がいやらしくて、止まりそうで止まらない系。

なんかこの焦らされてる感がたまらない。

今日一番のおもしろ課題でした!

止まりそうで、、、止まらない!
止まりそうで、、、止まらない!

タケピさんもトライ開始!

止まった~!

やっぱり止まってなかったぁ!

ってのがエンドレス。

しかもタケピさんの落ちた姿がホギャーッて感じでかわいくてかわいくて!

失礼ながらもめっちゃ笑っちゃいました!

最後は気合いで止めて、ボンッ!

あぁ~おもしろい!

さっきの課題より難しいとのことで2級じゃないの?

とグレーディング。ふむ。

 

そしてさらに右抜けのラインにトライ開始。

前の2つと全く違うムーヴの課題。

悪いポッケで耐えて上げていく、指力とバランスが要求される。

この左手が悪い!
この左手が悪い!

お昼休憩前に、コミ気合いの完登!

小さな岩だけれど3本、どれも面白いラインでした。

お昼を挟んでタケピさん。対岸の岩が気になっているようでそちらに移動移動。

あっ、ケーコさんは大きな岩のトラヴァースにはまり中。

 

対岸の岩でタケピさん。

いろいろ触ったりだとかウロウロしているので、まずはこれをやってくださいとお勧めする。

ま、当然の一撃。

驚いたことにケーコさんと同じカチを使って登る!

お~、ケーコさんの発想の源はタケピイズムだったのですね! 

コミは左奥からのトラヴァースを3回トライ。

1、2トライ目は核心までも進めず。

3トライ目で核心突入もガックシポトリ。

あ~、またしても。

あぁ、先は長いのか!?
あぁ、先は長いのか!?

途中対岸を見ると、ケーコさんがトラヴァースにトライしているではありませんか。

するとあと一手というところでストップ。

1分、2分、3分・・・10分、11分・・・えぇ~!!

いつまでそこにいるの!?

ここから動きません。
ここから動きません。
しばらく経って見てみたら、こうなっていました。
しばらく経って見てみたら、こうなっていました。

ケーコさんを見るのをいい加減飽きてしまったタケピさんが、SD課題のトライを始める。

数トライで一手目を取るも、その後のさばきで苦労。

それでも一度リップを叩く!

けれど時すでにヨレていて落ちてしまう。

あぁ~!

で、時間切れ。

 

二人でショボンしながら帰り支度を。

帰りの車中。

『でも、ムーヴの種類も増えているし、上手になっているね』

って本日初めてケーコさんが誉められていました。

 

チッ。

 

今日の残念動画集 ↓

3 コメント

2012年

1月

11日

2012年、良いクライミングライフを過ごせるように~登り初めBボルダー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登り初め。

 

2012年のクライミングスタートッ!

よ~し!登るぞ~!

 

来るエリアはBボルダー。

今日もケーコさんと、早速対岸へ移動。

ケーコさんはビーチサンダル。夏!?

 

まずはお掃除から。

前回この岩の掃除をしなかったケーコさん。

果たして気付いたのか、そそくさとお掃除を始めます。

 

そして満を持して前回の宿題をトライするケーコさん。

あれれ!?

サササッと登っちゃう!

拍子抜け。

やっぱし前回はヨレていたんですかね?

それともお掃除のおかげなのか!?

 

続いて右カンテラインもSDでトライ開始。

なにやら相当悩んでいる様子。

 

そんなケーコさんをよそに、コミはトラヴァース課題を。

左奥SDから右へ、そして真ん中の課題に合流。

本当は右端まで行きたいんだけれど、真ん中からホールドがなくなってしまうんだよね。

でも、いつか(誰かか?)解決できるとは思うんだけれど。

 

真ん中まででも最初絶望的!

って思ったけれど、核心のムーヴを見つけてからは俄然完登モード。

スタートを何回か練習。結構力使っちゃう。

そしてスタート抜けたと思ったら、核心で力尽きる。

あぁ~。

で、レスト後のトライ。

核心を越えて、あとはちょっと遠いホールドへのデッド!

あぁ~!

デッド出す前に力尽きてしまった。。。

今日はもうヨレてこの課題は宿題行き。残念。

ヨレるの早ッ!!

この後、残念なことに。。。
この後、残念なことに。。。

その頃ケーコさんはというと・・・

右カンテSDのスタートでずいぶんと悩んでいるよう。

あーだこーだしながら、なかなか面白いムーヴが出来上がったんじゃないですか?

そして勝負のトライ。

なぜか一部のカンテが掃除されておらず、苔だらけ。

当然そこは使わず、極力自然のままにってマインドかと思いきや、思いっきり苔をガシッって掴んでますねぇ。もう土がボロボロとこぼれてくるこぼれてくる。

それでも完登!

最初に登った課題と、カンテSD課題の動画です。


コミも早速トライ。

これぞカンテって感じでやさしいけれど面白かったです。

一カ所甘いところがあって、適度のスパイスが効いてますね!ナイス課題!

そしてケーコさんは中央SDのトライを開始。

SDから離陸がままならない様子です。

そんなケーコさんを観察するコミ。

・・・

しばらくするとブツブツとスタートホールドに何やら語りかけている。

おもむろに立ち上がって立ちスタートを模索するようです。

立ってでもなかなか難しいんですよね。

あぁ~、それにしても何を語りかけていたんでしょうか?

 

とりあえずガンバッ!

と心の中で呟きつつ、コミは疲れてしまったので大きな岩の下地整備へ。

結構頑張って良い感じになったので今度本格的なトライを始めよっかな!

 

ふとケーコさんを見ると、岩を前に首をかしげている。

 

どうやらまだ時間がありそうなので、やってみたかった岩を軽くトライしに。

とても小さいけれど、かぶっててホールドがある。

SDで一手、二手モノができそうな感じ。

早速コレと思ったラインをトライ。

全く歯が立たない。

あぁ~、難しい!けど、これは最難の予感!?

などと盛り上がりつつ本日は終了。

 

で、追記。

翌日夕方から、小さなかぶった岩の課題をやりに一人で。

これがサササッで登れちゃった。あれれ!?

最難というのは全くの夢と終わったのでした。でも面白い課題だったからいいや!

0 コメント

2012年

1月

06日

大晦日~Bボルダーで登り納め

3年前の大晦日。一人でアイアンメイデンの図・・・
3年前の大晦日。一人でアイアンメイデンの図・・・

大晦日。

ケーコさんとともにBボルダー。

タケピさんは家族とともに実家ダー。

 

あぁ、思えばコミが初めてボルダリングをしたのは大晦日、湯河原のアイアンメイデンだったなぁとか。

あのときはパッドも持って無く、レジャーシートを敷いてたなぁとか。

茅ヶ崎ロック遊び行ったらち~さん、やっくんがいて、それがきっかけでブログを始めたなぁ~とか。

この文章を書きながらセンチメンタルな気分になっています。

さてケーコさん、前回の宿題サイドプルを使った課題へ。

なんか前回よりも良い感じ。きっと動きに慣れてきたのでしょう。

ほどなくしてリップまで到達しますが、サイズなのか少しのところで届かないようです。

それでも何度かトライすると距離も出て、リップをマッチ。

下地もそれほど良くはないので、コミは必死にスポットを頑張る!

そこからケーコさん曰く、『会心のマントリング』を繰り出して無事完登!

コミはケーコさんがトライ中、トラヴァース課題を設定。

当初のイメージとだいぶ違うムーヴになっちゃって、結構苦労したりして。

結局はやさしいトラヴァースとなりました。

そして大きな岩の裏面。

オブザベした限りホールドは繋がっているので登れそうだけれども・・・。

いかんせん下地が悪い。

下手に落ちるとポチャン確実。

慎重に、慎重に歩を進めてやっとの思いで完登。

はぁ~、面白かった!

左上でてっぺんを目指すラインも出来そうだけれども、これはタケピさんにとっておきましょう。

さて対岸へ移動。

って言ってもケーコさんは渡れないだろうけれど・・・

 

と思ったら、ビーチサンダルを片手に徒渉ポイントへと歩いていく。

そして振り返り、

『今行くから待ってて!!』

と、初めて見るような気合いの入った顔で捨て台詞。

 

で、15分後。

来ましたよ、ケーコさん。

お疲れ様です。

 

そんなケーコさん、グレーディングを兼ねてまずはこれから。

これまたサイズの問題なのか、結構苦労していましたが完登。

コミと違うムーヴで面白いなって。

 

続いて適度にホールドがあって楽しそうな右面の課題。

手を付けずにケーコさんのために取っておいた、コミの優しさがつまったライン。

色々と試行錯誤の末、SDをあきらめ立ちスタートで。

ホッ。

よく頑張りましたね。

 

コミは左の課題を。

2手目までが厳しい。

そのまま直上するんだけれど、中間のホールドが浮きまくりって感じで使えるホールドは限られてきます。なかなか手応えのある課題でした。

最後にケーコさんが登った右の課題を登ったけれど、これ良い課題ですね。

さらにSDで登りたくなっちゃって、登っちゃったら怒られました。

そりゃそうだよね。

でも、良い課題ですよ、ホントに。

そんなこんなで2011年も終了。

ブログが全然リアルタイムじゃないので、今さら感満々ですが。

 

楽しく〆ることができました。

 

4 コメント

2012年

1月

04日

下地整備と言いつつも~それなりのBボルダー

今日はケーコさんとBボルダーへ。

コミは筋肉痛のため登る気なし。

掃除と下地整備をしようと画策。

対するケーコさんは登る気満々。いいことです。

コミは早速下地整備を延々と。

その間ケーコさんは自分の登りたいラインのお掃除。

苔ていてクラックに土が詰まっているし、結構大変そう。

高さもなく、少し寝ている壁。

真ん中のクラックがケーコさんが掃除したとこ。

で、ケーコさん。

よし登るぞってことでトライ開始。

掃除が甘かったのかなんなのか、ケーコさんが動くたびに土がボロボロ、埃が舞う。

マントルで勇気が振り絞れず、何度か降りてきたけれども、とうとう登り切りました!

SDスタートでクラック沿いを。

初級編といった課題。ちなみに動画は某所から無許可で貼り付けています。

この面の反対側が一枚目の写真。そちらは高さがあります。

 

登るのを見ていると登りたくなるのがクライマー。

で、下地整備を中断しケーコさんの課題、さらに一つ左のラインを登るコミ。

顕著なサイドプルを左手で、右手は小さなカチでスタート。

カウンターをバシッと入れて、クックックッと立ち込んでいく。

もう一手、二手あるかなって思っていたら、手を出したらリップに届いてしまった。

う~ん、惜しい。

ただクライミングの動きは入ってくるのでワンムーヴでも満足。

右のクラックを足で使うとより簡単になってしまうので、使わない方が面白いかな。

次に対岸の薄かぶりの岩へ。

ケーコさんが目標とできる丁度良いラインがあるのでどうかなって。

そしたら、渡れないでやんの、ケーコさん。

コミは上の動画、左に見える小さな滝をピョンと。

ケーコさんはこれまた勇気を振り絞れず。

さらに徒渉をしようとしたら思った以上に深かったらしく、あえなく断念。残念。

で、ケーコさん。

先ほどコミが登ったラインに打ち込むことにしたっぽい。

サイズの問題かサイドプルが利くところまで身体を上げられないよう。

などと色々やっているケーコさんを横目に、コミはぴょんと滝を渡る。へへへ。

 

で、手を付けていないマントル課題ができそうな面のお掃除。

ちょうどスタートホールドがあるのでSDでムーヴつくり。

これが思ったよりも悪くて悪くて。

ホールドが甘い、最後のマントリングが悪い。

しばらく打ち込み妥協のマントルを発見。

結構苦労して登りましたが、、、いまいち納得のいかない感じ。

後日あらためて掃除をしてみると、結構ホールドが出てきちゃって。

あらら。。。

最後に大きな岩の一番見栄えのするラインを試登。

可能性は十分にありそう。

これは楽しみにとっておきましょうってことで今日は撤収。

あぁ~、結局登ってしまったけれど、楽しかったので良しとしましょう。

0 コメント

2012年

1月

02日

一人でボルダー探索~Bボルダー発見&再生(開拓)計画

あけましておめでとうございます。

昨年の半分はほぼクライミングができなくなってしまい、大変悲しかったなって。

なので、今年は昨年の分も取り返せるような楽しいクライミングができたらと思います。

 

岩場でお会いするクライマーの方々、ブログを見てくださっている皆さん、今年もよろしくお願いいたします。

 

さて、昨年地図を頼りに歩き回ったボルダー探索で見つけたエリア。

登れそうな岩を見つけたときにはワクワクしました。

このエリア、調べてみると開拓がされていたような形跡はあるのですが。

ただ一つの岩を除いてどこにも情報がないのです。

でもどう考えても、コミが目を付けた岩を登っていないはずはないなって思います。

 

コミにとって貴重な岩場なので、片っ端から登りたいと思っています。

 

で、初日。

岩を見つけた日。登るつもりはなかったのだけれど、居ても立ってもいられず2本だけ登りました。

想像より悪かった。

SDとか、左カンテの課題が楽しそうな岩。右のマントルも悪そう。

で、この岩のそばにあるかぶった小さな岩。

こちらはホールドが思ったよりも良かったから簡単だったけれど気持ちよい課題。

マントルが悪い。ランジだとちょい難しくなるくらい。飛ばない方が面白い。

右SDからのラインが悪そう。

2日目。

初日とは離れた場所へ。

大きな岩で、一番見栄えのするラインの下地整備をひたすら。ま、未だに下地整備が終わっていないのでトライできていませんが。

対岸に渡って小さな薄かぶりの岩にトライ。

ツルッとした壁に、ホールドが適度にあって、これは良さそう!

 

まずは顕著なスタートホールドからのランジ課題。

と思ったら、飛ばなくてもリップ取れて、しかも予想以上に簡単だった。

その後は、真ん中のSD直登課題を。

これが何とも悶々とさせてくれる課題。

右手アンダー、左手カチでスタートしたんだけれど狭い上に足が悪くて。

足が切れる切れる。一手目取れたとして、その後の乗り込んでいくスタティックムーヴがバランシーで遠くて。結局エイッてムーヴに変更。登れたときも足がパッドに着いちゃった。。。登り直しだな、こりゃ。

そんな感じで2日間終了。

大きな岩のラインはとにかく登りたい!

薄かぶりの岩は、右も左もトラヴァースも設定できそう。

奥に行くとルーフでホールドがつながっている岩とか、かぶっていて激ムズそうな岩とか、下地水没だけれど魅力的な岩とかが転がっています。とりあえず、大きな岩と薄かぶりの岩の目処をつけてからそっちに手を付けていこうと思っています。

 

あ~楽しみ!!

2 コメント