2011年

3月

30日

手つかずの課題を登りまくる! ~ぽかぽか湯河原

さて、元気を出して単身湯河原へ。

駐車場へ着くと、知っている顔。

お久しぶりです、ガメラさん。

えっ!?覚えていない??

ほらっ、何度かお話させてもらったでしょ?

 

『あぁ~、ごめんごめん。覚えないんだよねぇ~、オレ』

 

って会話をしながら30分ばかしお話しさせてもらいました。

気になっていたJFAの登攀自粛についての意見交換や正面壁のあ~だこ~だなどなど。正面壁の問題については『なるほど~、そういう考え方もあるよね』って納得。登攀自粛については同じ意見で、少し安心しました。そうなんだよね。うんうん。

 

で、目標「米蔵/二段」へテクテクと。

ひとりぽっちの米粒岩で、アップを兼ねて米蔵のブラッシング。

そして3トライばかし。全くダメ。暑さと筋肉痛でモチベーション低下にて、大レスト決定。日陰になるまでお昼寝。

 

 

  

   ∠○__

 

 

気が付けばお昼過ぎ。

さてさて。行きますか!

 

どうにも核心の右手が保持しきれない。スコンッて抜けちゃったりで。何度かはいいところまで行くんだけれど、左上カチに届かない。一度だけ触ったけれど止めるまでには至らず。

 

あぁ~、この出来そうで、出来ない加減がとてもいじらしい課題。

次回、気分新たにトライしよう!ってことで隠れ岩の課題を見てみる。このプロジェクト、見た目出来そうだけれど、いやいや、そうもいかない。直上もできそうだけれど、これまたそうもいかない。う~ん。出直しです。

 

さて、時間を見ると14:37。どうしよう。帰ってお昼ご飯を食べるか、移動するか。

どうしても行きたいラーメン屋さんが湯河原にあって、そこが15:00まで。

悩んだ結果『間に合わない!』ってことで移動決定。

ちなみに、今ラーメンフリークの間で話題となっているお店「飯田商店」、ここは是非チェックするべきだと思いますよ!

 

移動先は河原周辺。まだ登っていない課題があるので片っ端から楽しもう!って作戦です。テクテクと歩きながら10人と4匹ほどと挨拶を交わし、河原へ降りていくと・・・

 

『ギョギョッ!』

 

びっくりしたぁ~!何やってるの?あっ、登りにきたのね、そうだよね。

ってことで、なぜかケーコさん、この時間から登場。

 

で、ケーコさんはひたすら「すすき岩」の課題を打ち込む。

9級、4級、5級、5級・・・。

ふと後ろを振り返り一言。

 

『これ、できると思うんだけれどやって!』

 

どうやらアンダーから、リップへランジさせたいらしい。嫌な思い出が蘇ってきた。桜岩で『これ、やって』とアンダーから直登課題を設定したケーコさん。『できちゃうよ?』と言うと『いいからやって!』と。で、サササッとやると『今のなしっ!』と力強く宣言するケーコさん。あぁ~、なんか似ている、状況が。

 

で、アンダー持って当然のように一言。

 

『できちゃうよ?』

 

『いいからやって!』

 

はい、やります。

 

 

『超簡単じゃん・・・もっと難しいかと思った・・・』

 

と切なげに言うケーコさん。

まっ、なんだかんだ言って3トライ目で完登ですけれど。

結構気持ち良しな課題で、良い感じです。ナイス眼力!

課題名「エア・ススキ/5級?4級?」

 

ちなみに、ケーコさんは5級の再登を目指して・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気を取り直して、コミは「鮎/3級」にトライ。

トポを見ると“マントル核心”みたいなことが書いてある。

マントラーを目指しているコミとしては避けては通れない課題。

返すぞぉ~!!

マントルむずっ!!

マントラーへの道は、決して平坦ではありませんね。

 

次!

ここいらにTEAM USAMIXが設定した課題があった気が・・・。

あやふやながら、ここは確かに登りたくなるのでトライ!

家で確認してみると「ヤマト発進!/3級」とのこと。

面白い課題でした。グレードも納得です。

 

よし、勢いで次はここが登れそうなのでここ!

ホールド欠けて、危なかった。事前に確認しておけば良かったと後悔&良い勉強になった。この欠けたホールド、浮いている音なので、いつか壊れそうな気配があるので十分注意してください。後で確認してみると、この課題「船首/4級」でした。

 

さて、ケーコさんも黙っていられず「船首」にトライ開始。

色々と足を考えている。そうそう、足の置き場迷うよね。

で、離陸!

けれども届かない!

本人曰く

 『あと5cm身長高ければ!』

と怒っています。で身長は根性でカバーだ!ってことで打つ打つ!

そして・・・

 

取れた~!ガバ取れた~!

 

 

で、マントル出来ずぅ~!!

今さら思い出したけれど、マントルが苦手なケーコさん。当然のように出来ず。

と、ところが・・・コミが目を離している隙に・・・

なんか、すごく上手にマントルしてんの。

多分、かぶっていて、手と同じ高さに足を上げるマントル(←わかりずらい表現・・・)が出来たの初めてじゃない?ってくらいの快挙!

なんか掴んだのか??

 

で「ヤマト発進!」。ケーコさんのサイズだと足が残らないから必然的にランジ。けれど、そんな動きはケーコさんのDNAには組み込まれていない様子。

大丈夫だよ。ランジは後天的に獲得できる動きだからね!

 

切り替えて、マントル部分だけをやってみる。

やっぱしなかなか出来ない。惜しいけれど身体が上がりきらない。ふとアドバイスしてみると、すぐに出来ちゃうのがスゴイところ。あっという間に返しちゃいました。これは、本当に掴んだの??

 

最後に「鮎」にもトライ。以前やって歯が立たなかったという課題。けれど、サササッてマントル手前まで!熱い!ここでパンプ落ち。でも、これは目標になり得る課題じゃない!?マントル克服のためにやりがいのある課題だと思うよ。

コミは「タイタニック/2級」。

なかなかラインが分かりづらいけれど、こんな感じで登っちゃいましたが。

リップにいつ手を出すかで相当に悩んだ。これ以上行くと2級じゃ済まなそうだし、ここで出すと3級くらい。悩んだ結果、楽な方へと流されてしまう情けなさ。でも、面白かったから良しとします。

湯河原ボルダーは地震の影響がなかったようです。

ルートの方は、まだわかりませんが岩の中の鹿さんのお話を聞くと大丈夫だとのことでしたが。ただ、落石などいつ起こっても良いように、万全の注意は払っておくべきでしょう。また、クライミングは今まで通りの自己責任で行うということも再確認ですね。ただし、事故等起きてしまった場合には多くの方に迷惑が掛かってしまうので十分意識した行動を取らなければと思います。

 

さらに先程気になる情報がJFAのHPにアップされていました。

以前から耳にしていたことですが、さらに危険な状況になっているようです。今までも欠けたことはあったようなので気を付けましょうね。最高カンテはとても良いルートなのでもったいないですが。

今日の成果

▲米粒岩

 × 米蔵/二段 リーチは掛かっているんだけれど、あと一歩。

▲すすき岩

 ○ エア・ススキ/4~5級?★ ③ ケーコさん設定。ランジ、気持ち良し!

 × すすき右/5級 再登狙うも、すぐさま断念。体感4級課題。

▲河原岩

 OS 鮎/3級 ① スタートとマントリングがむずい。

 OS スラブ7級 ①

 × 山女/1級★★★★ も全然ダメ。

▲テーブル岩

 ○ ヤマト発進!/3級★ ② ダイナミックで面白い。

 ○ 船首/4級★ ② 足技で上手にバランスを取ると楽。

 ○ タイタニック/2級★ ⑥ 

  ラインが合っているか不明。でも内容は面白かった。

2 コメント

2011年

3月

29日

カズ!!!

やっぱり、カズはすごい。

泣いてしまった。

 

 

「がんばれ日本!」

 

がんばるために、

出来るだけ早い復興のために、

たくさん食べて、飲んで、遊んで、登って、今まで以上のパワーで生きていきます。

 

 

 

すでに自粛ムードから倒産へ追い込まれている会社が出ているとも聞いています。

こんなときだから自粛なんてせずに、みんなが動き回ると、空気も、経済も、良い方向に回り出すと思います。

 

 

 

阪神のとき、まっさきに前向きに動き出したのが神戸新聞だったと聞いています。このままじゃ、暗い空気で、何もかもが悪い方向に行っちゃうんじゃないか?って危機感から「がんばろう神戸」というキーワードとともに、紙面をポジティブな記事で埋めていったそうです。そんな新聞に多くの方が励まされ、笑顔になったと聞きました。

 

国会での後ろ向きな議論を聞いていて、本当にあほかと思います。

 

できるけどしない、んじゃなくて、できることをして、前向きにがいいと思います。そろそろ前向きに、がいいんじゃないでしょうか。

 

コミは、被災者の方々に対して今できることをしつつ、今まで通り働いて、登る生活を送ります。

0 コメント

2011年

3月

05日

執念のプロジェクト ~快晴城ヶ崎

快晴。

事故渋滞にちょびっとだけ巻き込まれ、10:00前到着の漁り火ロック。

先客男3名のクラッカー。

今日はコミ、ケーコさん

 

初城ヶ崎のケーコさん。

ものすごくワクワクしているようです。まだ登ってもいないのに、

『城ヶ崎っていいね~』

だって。とりあえず第一印象は良いようです。ホッ。

 

さて、ボチボチと登り始めましょう。

コミは「漁り火ルーフ/初段」が目標。

ケーコさんは、久しぶりのクライミングだそうなので、とにかく登るってことなか?

 

ってこてで、まずはやさしいスラブでアップ。

ケーコさんはサササッ。そして東面をSDで登る7級?レイバックにトライ。

スタートで悩んでいるので、コミはスラブを登り始める。すると、登っている途中でケーコさんと遭遇。知らない間に登ってやんの!しかもとっとと登って、先に岩の上に立ってるし。

苦手の“手に足”してるし。
苦手の“手に足”してるし。

さあ、今日のメインとなる課題「漁り火マントル(SD)/3級」。

 

この課題はケーコさんの嫌いな(苦手な)もの3つ全て揃っている課題。

 

 ① マントリング

 ② オーバーハング

 ③ デッドポイント(ランジ)

 

ケーコさん曰く

『手の高さに足を上げるマントルが出来ない!』

『かぶり嫌いだから、攀HANNでもかぶりはやらない!』

なので外岩でこれだけかぶっている課題は触ったことがない。

 

いざ!

一手目が出ない。かぶりのキツさに慣れていないのと、遠いホールドへ飛ぶ感覚が掴めていないって感じ。

そしてマントリング練習開始。

これがまた、返せない。見た感じ、引きつけられていないのかな!?足の力をもう少し使えると身体は引き上げられるかな!?う~ん、ケーコさんは絶望的と呟いて終了。

 

気を取り直してカチの4級。

スタートでチョイ悩みもすぐに離陸!

そして4手目がわからず、気合いで手を出すも落下!惜しい!

4手目を確認して一言。

『コレ、持てない(怒)!』

コミも(無理矢理命令されて)登ったけれど、カチ悪いね。

足があって垂壁だから良いけどね。

そして数回練習して、さあ本番!

 

これがこれが、あまりのあっさりっぷりに驚き。

さらに怖いマントルでも美しく返しちゃうもんだから、感嘆のため息。

久しぶりなのにすごいね・・・。

降りるのにチョークアップするケーコさん。
降りるのにチョークアップするケーコさん。

コミ、ここでようやく始動。

「漁り火ルーフ」のムーヴ練習。問題はどうやってガバカチを取るか。K師推奨のトウフックを試してみる。おっ!リップに右手を寄せられた!もう一度試したら出来なかったけれど。寄せられたら、あとは勢いだろうとレストに入る。

 

お昼ご飯を食べて、よし!と思ったら、ちょうど漁り火ルーフの上のクラックを登り出すクライマー。 しばらく観戦。5.10dだそうだけれど悪そう。なかなかプロテクションが決まらないって。なんかクラック、すごい面白い。でも、すごく怖そう・・・。

 

で、クラック苦戦中なので「漁り火カンテハング(SD)/2~3級」をケーコさん。

初見で一気に惜しいところまで!これは!?と思ったらその後失速。

『かぶってるの嫌なんだもん!』

ってことで、それほどモチベーションも上がらず(苦笑)。

あっさりと諦めると、漁り火ルーフが空きそうな気配。そそくさと準備を始める。

そして一試合目。

トウフックも決まり、ガバカチ奪取!一気にマントリングまで。

こ、これは!?

コミ自身も思いましたよ、登れたって。ところが悪いんですよ、上が。カチが一つ上の方にあったんだけれど、それが悪いんですよ。で、降りました、自ら。

(あれは持てないなぁ~・・・こりゃ、やばいなぁ~・・・)

ちょっとテンションが下がるコミ。まあ、気合いで登れるでしょう!

この数秒後、予想外の悪さに・・・。
この数秒後、予想外の悪さに・・・。

 

で、早々とレスト。

 

で、ケーコさんは近くの岩のカンテラインなんてどうでしょう?ってことでトライ開始。コミもいい加減に『登られているだろうけれど、思い入れある登り一番ってことで名前付けちゃえ!』なんて言ってみる。ホールドが適度に散らばっているけれど、見た感じ3級以上はありそう。

 

で、少しずつ高度を延ばすけれど、遠いカチをとらえられない。できそうでできない感じ。

次の一手が!
次の一手が!

ケーコさんも疲れてきたようなので、コミ、漁り火ルーフトライ!

 

の前に、マントルだけもう一度確認。すると、めっちゃカチが持ててすごく簡単に立てた!岩が影に入ったから!?それともレストしたから?前回の漁り火カンテの時も同じ感じ。城ヶ崎の岩には日光は厳禁なのかなぁ?

 

で、1試合目手順間違え。集中し直して2試合目トウフックすっぽ抜け。再度集中して3試合目、つい足を切ってしまうムーヴ間違え。ここに来て集中力とイメージの無さを痛感。しばらくイメトレをして4試合目。

登れた~!

初登ムーヴと違くて、やさしくなった感じがするけれど楽しい課題。

機会があったら初登ムーヴでも登ってみよう!

 

で、ケーコさんはさっきと違う「ケーコ・プロジェクト」を打ち込む。

この課題、マントリング課題なんだけれど、見た目以上に難しい。3級くらいはありそうかな?延々と、日が落ちるまで打ち込みました。ケーコさんの、

『絶対先に登っちゃダメだからね!』

というプレッシャーもあり、コミは見てるだけ~。のは寂しいので、ルーフからポッケを使って上がる狭い課題にトライ。左のヒールがケガ明けでまだ怖いので、右ヒールのムーヴを試すことひたすら。狭くて狭くて、保持力なくて足上がらず。結局登れず。

なんか、御岳のモンキーポッケの悪夢が蘇る・・・
なんか、御岳のモンキーポッケの悪夢が蘇る・・・

そしてケーコさんも宿題に。

『絶対に誰にも言っちゃダメだからね!』

とプロジェクトのことを念を押される。

「ケーコ・プロジェクト」
「ケーコ・プロジェクト」

今日は数は全然登らなかったけれど、漁り火ルーフ登れたし、ケーコさんも楽しんで?くれたようなので充実したクライミングでした。

今日の成果

▲漁り火ロック

 再 スラブ・カチ4級

 ◎ 7級(SD)② 一度離陸で落ちました。

 ◎ 漁り火ルーフ/初段 ⑪+①+⑥=⑲トライ ★★

 × 漁り火ディンプル/3級

  K師が登っていた。狭いなんて言ってられないと気付く。

今日のケーコさん

 帰りの車中、

「もっと、かぶりやらなきゃダメかな・・・。ダイエットしよう・・・。腕立てしよう・・・。近くの公園で懸垂しよう・・・。」

とうわごとのように呟いていました。

4 コメント

2011年

3月

05日

ニュース速報

2 コメント