2010年

6月

20日

第一回Pちゃんコンペと世界選手権

攀HANNにてPちゃんコンペ①

6月18日(土)、いよいよ決戦の時です。。。

 

 

と、言ってもワールドカップ・オランダ戦のことではありません。

第一回Pちゃんコンペのことです。

Pちゃんコンペ、略して「Pコン」。

これはNPO法人モンキーマジックのPちゃん主催で、モンキーマジックの講習などに参加している視覚障害者の方々によるプライベートコンペのことです。コミも、視覚障害者の方々と仕事などでも縁がありお手伝いさせていただきました。

 

開始時間は19時10分。オランダ戦もあり、攀HANNはPコン関係者で埋め尽くされました。ルールは6つの壁( 75°~120°)、18の課題を70分間でひたすら完登を目指し登りまくる(かなり要約しています)!!

 

参加者は8名。それぞれの選手に一人ずつガイドがつき、課題の確認や誘導を行います。そしていよいよコンペスタート!

 

攀HANNにてPちゃんコンペ②

簡単な課題からトライするか?力があるうちに難しい課題をトライするか?

攀HANNにてPちゃんコンペ③

モンキーマジック代表の小林さんも参加!

ハンデとして、な、なんと軍手をはめてのトライ!

そして上から怪しげなカメラマンが!よく見たら主催者のPちゃんじゃないですか!

攀HANNにてPちゃんコンペ④

唯一未成年、山梨から参加の中学生も!終了点をキャッチ!ナイスクライミング!

そして、ここにも怪しげなカメラマン・・・。寄りすぎですよ!

 

あっという間に70分が過ぎ、閉会式。

攀HANNにてPちゃんコンペ⑤

みんなモンキーマジックのTシャツを着ていますね。当然コミも着用しましたよ!

 

さて結果発表。

優勝は・・・

 

イドッチでした!!

優勝候補として恥ずかしくない華麗なクライミングを見せてくれました!オメデトー!商品の外国製高級ビールをしげしげと見ています。

2位はエジゴン、そして3位には代表の小林さん。

 

この後は、ラジオでオランダ戦を聞きながらの懇親会。みんなでワイワイ飲んで・・・といきたいところでしたが、コミは車で、しかも大のサッカーマニアとしてオランダ戦が気になってしまいワイワイは参加できませんでした(泣)。そんなコミを見て、気を遣ってノンアルコールビールを買ってきてくれたスズさん、本当にありがとうございました。

 

 

このコンペを企画し、課題つくりから全てをやりきったPちゃんに感謝です。誘ってくれてありがとうございました。

 

そして今年は、な、なんと視覚障害者の方々によるクライミングのワールドカップが日本で、12月4日、5日に開催されます!

昨年、一昨年と視覚障害者の日本選手権は行われており、コミの知り合いも数多く参加しています。昨年10月に小林さんから世界選手権の話を聞いてスゴイ!と思っていましたが、ここまで具体的に話をすすめるまでには相当なご苦労があったことと思います。ぜひ、第一回のホスト国として大会を盛り上げていけたら素晴らしいと思っています。

 

 

今日、視覚障害者の野球、グランドソフトボール(groundではなくgrandです)の練習をお手伝いしました。お昼ご飯を買いにセブンイレブンまで歩いていると、明らかに点字ブロックの上に駐車しているバンがありました。点字ブロックは視覚障害者にとってとても大切なものです。いつも何もない場所に、何かがあるというのは、しかもそれが安全であるはずの点字ブロックの上にあるのは大変危険ですし、とても困ることです。しばらくその場で待って車の持ち主さんに注意を促しましたが、このブログを見てくれている人たちも是非、そのことを意識してもらいたいなって思います。

 

1 コメント

2010年

6月

04日

攀HANNとショウ年

クライミングジム 攀HANN
攀HANNです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりにトレーニング。

攀HANNへは2009年4月1日のOPENからずっと通い続けていたんですが、去年の12月から行っていませんでした。

 

強くなりたい気持ちと、指を治して思いっきり登りたい気持ちを天秤にかけ、指を治すのを優先してのことでした。一番ひどかったときは攀HANNで登り終わりアイシングを30分。それでも帰りの運転中すでに右手中指は腫れ上がり、ポカポカに熱を持つくらいでした(他の指はキンキンに冷えているのに!)。で、外岩だけにしようと我慢し続け、指もだいぶ良くなってきました(でも、やっぱりジムで登ると次の日指が痛い)。

 

と、いうことで攀HANN。しばらくオーナーと雑談タイム。そしてホールド交換した壁の新しい課題を手当たり次第登っていく。なかなか4級が難しい。オーナーが一言。

「いやぁ~、本当に力落ちているねぇ~」

その通りです。トレーニングをさぼっていたツケが。。。さらに、ジムの課題を読む目も落ちているようで、なかなかムーヴが読めてこなかったりもします。う~ん。

 

そんなとき、どこかで見たことのある顔!

おぉ~!君はコバトンカップで出会ったショウ年ではないか!まさかの再開!ママと一緒に山梨から(!!)攀HANNまで来た!背も伸びて、少し大人っぽくなって、さらにクライミングが上手になってる!今日はモンキーマジックのPちゃんに教えて貰うために来たようです。なんか、すごく嬉しい再開でした!また、コバトンカップで会おうね!

 

結局、今日は新しい壁で3級までを一通り登りました。カンテを使う課題がバランシーで面白かったです!3級の課題が素直で良い感じでしたね!

 

また、攀HANNへ通いたいと思うコミなのでしたぁ。

 

1 コメント