2011年

12月

29日

まとめ~御岳

御岳にも2回ほど行ってきました。

一人で行ったとき、ピンチオーバーハングの岩の下地が上がっていたことに驚き。

さらに人だかりに驚き。

そして観光客に「それ(パッド)の中にカヌーが入っているんですか?」と2回も聞かれたことに驚き。

いやいや、入らないから(苦笑)。

でも、そんなものなんですよね、ボルダリングの認知度って。

くれぐれも履き違えないようにしなければなと。


「彩雨」の欠けたホールドも見てきましたが、欠けたとはいえ登れそうですね。でもあそこはジャックさんも言っていましたが登攀禁止だろうと。良い課題だけにつくづく残念。

 

その日は結局ソフトクリームでひたすらトレーニングって割り切って登りました。

本当はIVAN初登の「豚の鼻/1級」を登りたかったんだけれど、全く歯が立たず。

パワー不足を痛感。その後片っ端からソフトクリームを登って終了。

そこで出会った某ジムの店員さんとお客さんのパーティーがとても親切にしてくれて、ありがたかったなぁ。店員さんが若くてチャラチャラした格好なんだけれど、強いのは当然として、スポットやアドバイスや話し方や態度、マナーなど素晴らしかったです。中2でクライミング歴8ヶ月の女の子もいたんだけれど、こんな大人に連れてきてもらえて幸せだな~などと思いました。

 

そして岩場でよくお会いする方に教えてもらったSD課題をやるも登れず。

今度は湯河原か城ヶ崎で会いましょうと言って、コミは早々に撤収。

で、成果はすべり台のトラバース3級だけ。

 

二度目の御岳はケーコさんと、久々の朝から。

ケーコさんは「凹角右/3級」の再登を。苦労していましたが無事に岩の上へ。

「スポットがいなくても登れたのが成長」

と呟いていました。

コミは、裏のスラブ、7級、5級、で教えて貰ったSDの2級が登れず。水際カンテを触って見るも時期尚早と結論。そして移動中に見つけた忍者岩の対岸にある3級を登って砂箱岩へ。「猫砂/1級」が登れず終了。って感じ。

ホールドがガバで楽しかった。

でも遊歩道沿いなので、登るときは慎重に。

登れなかった動画です。

湯河原ハロルド3級~ソフトクリームSD2級~猫砂1級

そして、これからはリアルタイムにブログを書いていこうと思う次第です。

と言いつつ、すでに数回分書いていないのがありますが。

 

今後の更新予定~

「Mボルダーへ久々にタケピさんと」

「某エリア、開拓(再生?)開始」

「某エリア、ケーコさん初登(?)する」

などです。年内に更新します。

0 コメント

2011年

5月

01日

タケピさん小休止 ~誰もいない鵜の瀬岩

GW!

遠出をしたいところだけれど、混むことを回避するために御岳へ。

御岳は、行くまでの道がガチャガチャしていて嫌いなんだけれどシカさんから教わった道をベースにNEWタケピカーのナビにて2時間ちょい。時間もちょい短縮だけれど、それ以上に田舎道で気分的に楽。ナイス!

 

さて、目指すは"鵜の瀬岩"。

去年夏に見に来たときは草ボーボー。今日は多少の染み出しと地面が濡れているのに目をつむれば登れる感じ。よしっ!登ろう!

 

初めての鵜の瀬岩なので、はじっこの6級から5級を登る。

予想以上のかぶりっぷりで楽しい。

 

そして二人の目標「鵜SD/初段」。

を登る前に、その立ちvar.の1級から。

まずはタケピさん。一手目の右手を出して、足を上げたはいいけれど動けず。数トライしても変わらず。

 

そんなタケピさんを見て(またまた~、そんくらい出来るっしょぉ)などと内心思いつつコミもトライ開始。で、一手も出さず降りてみる。『なるほど~、そういうことか~』って納得。で、考えてみる。細かくつないで消耗するよりも、届きそうなだから一気に上を狙う作戦に変更。

ただ、このムーヴを下からつないできて出来るかって言われたらどうなのよ!

って“この時は”心配で心配で・・・。

 

タケピさんは大はまり。最近では珍しいですね。一週間ジムへ行けず、さらに昨日筋トレをしちゃって調子が悪かったようです。

 

コミはSDを触ってみる。も、一手目すら出せず。何コレ??あまりの厳しさに、さっき心配しちゃったことが恥ずかしくなる。あぁ~・・・杞憂。でも、途中参加したナヤさん、マッツンのスタートの足を教わったら一手目は出るようになった!でも一手目止まらない。何度かやれば止まるだろうけれど、ナヤさん、マッツンの話を聞くと『絶望的』らしい。う~ん・・・。

ってことで、気持ちを切り替えて「2級(#10)」にトライ。ムーヴはわかりやすくオンサイト狙い。も、痛恨の落下。右リップを取った後、次の一手が出せず。2トライ目で登れたけれど、あぁ~悔しい!この課題、2級としてはやさしいけれど好きです。

 

タケピさんも気分転換に急遽参加。すでによれているのか右リップに手を出せず。さらなるトライでまさかのランジ!超ビビッた。まさか飛ぶとは・・・。

コミは最後に「2級(#9)」。

ウダウダしてなかなかスタートを思い切れず。だって落ちたくないのです。で、意を決して落ちました。2手目で。予想以上に遠いんだもん。もしかしたら根本的にムーヴが違うのかもと思いつつもさらにもう1トライ。同じところで落ちました。う~ん難しかった。

 

久しぶりの御岳。やっぱりこの岩質好き。カッチリしていて指痛いけれど、それでもなんか好きなんだよなぁ。

今日の成果

▲鵜の瀬岩

 FL 6級(#6)

 FL 5級(#7)

 ○ 1級(#12)⑤ 

  ランジで解決。スタートホールドをどれにするかで難しさが変わる。

  コミのスタート、ムーヴで3級くらいに感じた。

  もしかしたら下地が上がっているのかも?

 × 鵜/初段 何回トライしたか数えていない。

  スタートが悪い。これは時間が掛かりそう。

 ○ 2級(#10)②

  面白かった。帰ってYouTube見たら、同じムーヴ。そうなることを確認。

  でも、みんなもう少し下からスタートした方が面白いと思う。

 × 2級(#9)③

  鵜でパワーを吸い取られたとはいえ、難しく感じた。

  次回はあっさり登れると思う。

2 コメント

2011年

1月

11日

ガックシ~御岳 日影岩が崩落の危険

あぁぁ~!登りたかったぁぁ~!!!

御岳一カッコ良いと思っていた岩だったのに・・・

最近は嶺の夕、大人気でたくさん取り付いていると聞いていたので、悔しい思いをしている人はたくさんいると思いますが・・・。できれば、もう一度登れるようになればなぁ。

彩雨はどうなんだろう?

そっちもダメなのかな??

 

あぁぁ・・・ガックシ。

 

詳しくはJFAのHPを。

2 コメント

2010年

10月

19日

開拓魂とNH大会

さて、一人元気なボルダラーの話。

 

ピンチオーバーハングの岩周辺をウロウロしています。どうやら登れそうな課題を物色しているようです。そんな元気なケーコさんにコミが声を掛ける。

「このライン登れば?」

そこはカンテ5級(ピンチオーバーハングの岩#37)の少し内側のライン。で、早速トライ。ハングの中のアンダーからスタートし、身体を引き上げていく。足が見えないし、下地も良くないので少し緊張する。そして・・・

と、あっさり登ったケーコさん。グレーディングして!とのことでコミも登る。「5級くらいかな!?」って感じ。

 

で、まさに今「黒本」を確認してみると・・・

 

 

あれ!?

これって#37のカンテ5級じゃない!?

ハングの線も書かれているし、ケーコさんが2手目に取ったガバも書いてあるし・・・。

あぁぁ・・・コミ、痛恨のミス!本当にごめんなさい!

ケーコさんがつけようと思っていたとっておきの課題名は、もっとお気に入りの課題につけてくださいね!

 

で、ケーコさん。続いてさらに右奥へ入り込んで何やらブツブツ言っています。

『ここ、登れるかなぁ??』

『スタートホールドもあるし、かぶっていて面白そうだね!』

ということで、さらに未知のラインを目指すことに。下地も悪く、背中に当たってしまう岩もあって少し危険。そして、コミに

『これ、登ってみて!』

と、さらっと言う。さらに、ここを使って登ってとホールドまで指定してくる。どうにもこだわりがあるみたい(苦笑)。で、一度落ちてしまい2度目のトライで完登。

『グレードは?』と聞かれ

『う~ん難しく感じた。4級くらいかな!?』

ってことで、ケーコさんも打ち込む。一手目が取れずに苦戦。取れても『痛いッ!』とか言ってる。で、そんなときに最近コミたちの中で話題の「ピンチオーバーハング最強の6級」が頭をかすめる。

『もしかしてコレのことじゃない!?』

『え~!コレのことなの!?』と俄然テンションが下がるケーコさん。自分で見つけたラインだったので(正確に言うと違うけど)モチベーションも高かったみたいですが。ということでテンションだだ下がり。結局登れずに終了。この後タケピさんが登って『これ5級・・・いや6級じゃね?』と憎たらしい一言。

 

で、家帰ってからK師の登りを動画で確認。あぁ、やっぱしそうだ!でも、登っているラインが違う。それはそれで面白そうなので、今度トライしてみます!

一手目取ったあとが難しい。。。
一手目取ったあとが難しい。。。

 

もうコミは疲れ切っているので周囲を散策。面白そうなトポ課題を発見。ケーコさん、タケピさんを誘って早速トライ開始する。

 

まずはかぶっている面白そうなマントル課題「8級」(黒本p44の#42)から。コミは焦りながらもオンサイト!タケピさん、クライミングシューズを履かずにトライする。でも『この靴じゃ無理だ』とボソッと言いながら履き替える。たまに訳のわからないことをするのがタケピさん(苦笑)。で一撃。そしてケーコさん。まさに手に汗握るクライミング。

お次は「5級(#40)」「8級(#41)」のセッション。5級は下地が悪くマットも引いていないので少し恐怖心が出てきますが、内容があって面白い課題。タケピさんは無事に家に帰るという使命があるということで(苦笑)、ワントライでやめておくことに。コミは養う家族もいないのでトライ(苦笑)、そして一撃!

ケーコさんは5級が登れなかったうっぷんを、隣の8級で晴らす。『この課題おもしろ~い!』と絶賛!

5級、8級ともに地味だけれど面白い課題ですよ!

ちなみにコミが8級登り終わったあと、気持ち悪いくらいケーコさんとシンクロしています(苦笑)。

そして、いよいよやってきました!

本日のメインイベント!

『NH大会2010 in 御岳』

ルールは簡単。

おそらく15級くらいであろう岩を、手を使わずに登る。

でもこれが、(違う意味で)まさかの結果に!

果たして栄冠は誰の手に!

あぁ~すごく笑えて面白かった!

ケーコさんは自分のバランスの無さを痛感したらしく

『道路の白線の上歩こ・・・』

とトレーニング宣言(苦笑)。

また、疲れたときにはコレで楽しみましょうね!

 

 

今日の成果

 ▲とけたソフトクリーム

  再 9級・アンダー7級・5級・キックマントル

  ◎ 3級SD(#4)2日間⑱トライ ★ 

   あのムーヴに辿り着きまで時間がかかってしまった。

 ▲すべり台

  OS 10級

 ▲ピンチオーバーハングの岩

  × ファットブロッカー/初段 ④

  再 カンテ5級 おそらくカンテ5級だと思う。

  ◎ 6級SD ② ★ おそらく6級だと思う。面白い課題。

 ▲無名の岩

  OS 8級(#42) 8級よりは確実に難しい。

  OS 5級(#40)★ 面白い。もっと右よりに抜けた方がさらに面白いかも。

  FL 8級(#41) 気持ちよく登れる。

  ◎ 7級(#39) 一度落ちてしまった。ガックシ。 

2 コメント

2010年

10月

18日

3級と思考プログラム

朝、平塚駅に6:30分集合。

この時間、タケピさんとしてはありえない集合時間。なぜなら朝苦手だから。せっかく早く集合したにも関わらず、渋滞にどっぷりはまってしまう一行。おそらく二度と6:30分には集合してくれないだろうなぁ・・・などと思いながら御岳到着。

 

早速とけたソフトクリームへ。

まずはケーコさんとタケピさんが「キックマントル/3級」。

ケーコさん大苦戦。分析によると手首やら肘やらの関節が硬いのが苦戦の原因らしい。確かに、関係ないこともない。そしてタケピさん、ムーヴがわかってからは数トライでの完登。やはりマントリングが上手になっている。数あるムーヴの中でも、マントリングは経験値がモノをいう気がする。

コミも乗り遅れまいと動き出す。 

前回の続き、3級SD(#4)を

 

「2週間ぶりにやったらあっさり登れちゃった」

 

ってのを期待してノープランで突っ込む。あえなく撃沈。前回と同じ4手目で。う~ん・・・。さらにもう一度。今度は2手目の保持するとこを少し左に引けるように変えてみるけども、これがダメ、耐えきれない。続いて一手目をマッチ作戦。これは低すぎて4手目が絶望的に遠くなる。さらに足の場所を変更。これもしっくりこない。そして小休止。

タケピさんも参戦し、苦戦中。

 

その間コミは真剣に考える。

 

 なぜ落ちるのか?

  ↓

 気合いが足りないのか?いや違う

  ↓

 4手目を保持した後、体勢が悪く身動き取れず左足がついてしまうから

  ↓

 じゃあ4手目を取ったあと動けるように、飛ばす前に良い体勢を整えておこう

  ↓

 それには足だ。この足なら5手目に寄せられるし耐えていられる

  ↓

 あぁ、登れたも同然な気がしてきた

 

ということで、この作戦がバッチシ。一気に完登への希望が見えたけれども、5手目を寄せたあと右足が一手目のガバ足に上がらない。左足がフラフラとしているからだ。そんな状態なのに何の解決策も見いださず(ここまでいったら気合いで右足を上げれば登れちゃうじゃん!)などと、何とも安易で頭の悪いクライミングに終始してしまうからどうしようもない。落ちてはすぐさまリスタートを3回繰り返しやっと「左足を何とかしなきゃダメだ」と気付く。そして候補を3カ所決めてレスト。ちと指と頭を冷やしての本日8トライ目で完登。4手目へのデッドの体勢はコミの頭の中にはまったくなかったものでした。こういう考え方もあると気付かされた楽しい課題でした。その後タケピさんも完登。登りよりも、その肉体に目がいってしまいますが(苦笑)。

 

ケーコさんはキックマントルをあきらめたのか、すべり台で遊んでる。6級を登れたらしく、すべり台のてっぺんで喜んでいる(笑)。

 

お昼も過ぎたし、ここいらで移動。タケピさんの目標「ファットブロッカー/初段」へ。ピンチオーバーハングには先客5人、しばらくして2人と大盛況。さらに彩雨にも何人か取り付いている。

 

タケピさんの目標とか言っときながら、コミも登れていない課題。で、それほど見せ場もないので詳しいことは割愛。とりあえず登れませんでした。タケピさんは最後のトライでとうとうサイドカチを取れそうなところまで進歩。これまたピタピタと足音が聞こえてきてきました(汗)。

御岳 ファットブロッカー
ファットブロッカーのタケピさん

そして、そろそろみんな疲れてきた時間。

いや、みんなではなかった!

一人だけ、元気が有り余っているボルダラーがいた!

 

果たしてそのボルダラーの正体は?

目の前に現れた未知のライン!

そしていよいよ開催された「NH大会」の結果は如何に!?

 

 

次回「開拓魂とNH大会」!!

こうご期待!

 

1 コメント

2010年

10月

04日

マミ岩横断とキックマントル

今日も朝日とともに、御岳への2時間の旅。

 

この時間に出ると、渋滞もなくいつもより30分ほど早く到着できます。

空気が清々しく、良い一日が始まる気がして気分良しです。

途中、ケーコさんを拾って(ケーコさんは4時起きだったようです)御岳到着が7:30。忍者岩にはボルダラー4名ほど。みんな早起き。目標であるマミ岩には一番乗り。ダラダラとストレッチ開始。そして長くも楽しい一日が始まるのです。

マミ岩は全体的に濡れていて、コンディションは最悪。それでも登れないことはないので「大丈夫!」などと無責任な言葉をケーコさんに投げかけます。そんな言葉に首を傾げつつ、ペタペタと岩を触っているケーコさん。そんな風景を眺めるコミの目に、ふと黒い物体が入ってきます。

 

  !!

 

見覚えあるシルエット!!

あれはまさしくコミのチョークバッグ!!

 

な、なぜここに!?

 

あぁ、もしかしたら(ってか確実に)前回ここに忘れてしまったのかもしれない。雨が降ったにもかかわらず、中身のチョークはサラサラ。岩の下に置いてくれたからですね。拾ってくれた方、本当にありがとうございました。

で、ケーコさんは「マミ岩横断」2級。これが目標。

トライに若干怒気がこもっていますがどうしたのでしょう?そうです、コミがムーヴを完コピした上に先に登ってしまったことで相当ご立腹なのです。

 

そんなケーコさん、早速マミ岩横断に。あっという間にトラバースをこなし、3級の上部アマカチをマッチ。そして落下。あれれ??どうやら相当濡れているようです。そして「行ってきて!」とチョークバッグを差し出すケーコさん。ここは素直に「はい」と受け取るしか道がないコミ。入念にチョークをすり込み水分を取る。

そして、直後のトライ!

すっきりとマミ岩横断成功!

人生で2本目の2級!!おめでとう!

正真正銘のケーコさんオリジナル・ムーヴをご覧ください。

 

さてと、目標が一瞬で登れてしまったのでとけたソフトクリームへ移動です。今度はコミの目標「キックマントル」3級にお付き合いしてもらいます。

 

前回来たときに、

 

「スタートホールドを持ったら、足を乗っけて『エイッ』と跳ぶ(キックする)。その勢いで手首を返して、あとは右足でも左足でも好きな方を上げて返すだけ。悪い3級だよ。」

 

と(言葉は違いますがニュアンスはこんな感じだったような・・・)教えてもらいました。ので、コミはそれを試したくて試したくて仕方がなかったのです。で、キックマントル。本当にそのムーヴですか!?まったく出来る気がしません!コミのスキル不足なのか!?はたまたコミの理解力不足か!?ってことで、3トライして早くも挫折。方向転換を余儀なくされる。う~ん。とりあえず、スタートホールドを触った時点で気になっていた右のスローパーにヒールフックのムーヴを試すと、これが登れそうな気配。で、通算7トライ目にしてキックマントル成功!キックをすることができず、おそらく初登者やポピュラーなムーヴとは違うと思いますが・・・。あぁ、初登者ムーヴを見てみたい!

 

勢いに乗って、ケーコさんもキックマントル。ムーヴを一つ一つ解決し80%完成のところまでいきましたが、詰めが甘い!返せそうで返せないループにはまり込んでしまいました。動画の最後に“おまけ”のようにケーコさんのトライが入っています。イメトレに使ってください、ケーコさん!

キックマントル
青空の下。映えますね。

その後、完全に水際カンテのことを無視して(苦笑)とけたソフトクリーム制覇!とかなんとかで9級・9級・7級・9級と登ります。適度な恐怖心があって面白い。そして3級、左上にトラバースしていく課題のようですが・・・。

2手目に右手を飛ばすところ。
2手目に右手を飛ばすところ。

はまりました・・・。

この課題で、今日のパワーを使い切りました。2手目のスローパーがなかなか甘く、そして足も悪くて。2手目の上にポッケがあるけれども、おそらく使わずに下をトラバースしていくと思うのですが。難しく感じます。結局今日はあきらめることに。次回触ったときに、あっさり登れちゃったりを期待して・・・。

 

そんなとけたソフトクリームには、大勢のボルダラーが集まっていました。大勢集まると色々あるもので、一人のボルダラーがキョロキョロしながら通っていきます。「何かお探しですか?」と声をかけると、返ってきた言葉があまりにスケールがでかく思わず聞き返してしまいました。

 

「マットが落ちていないかなぁ~って。」

「マットですか!?」

「マットです。」

「マットってこんなの(手で大きく四角を書いてみる)ですよね??」

「そうですねぇ。」

 

マットを落とす(忘れる!?)人、初めて見ました。チョークバッグを忘れるコミが言うのもなんですが驚きました。

 

あまりに人が多いので移動をすることに。

今度は大移動です。車を走らせること5分。川井ボルダーです。時すでに14時を回っています。川井ボルダーへは二人とも初めてで、さらに使用料がかかるのでまずはパッドを持たずに下見へ。7、8人のボルダラーがいます。岩は高さがあって、お目当ての「ベッケンバウアー」1級は全く読めず。上部が濡れているようで、降りてくるのにも不安があったのでまた今度。

 

そして車を走らせること30分。多少迷いながらも大沢ボルダーに到着。ウロウロとトラウトカントリーに降りていくと親父さんが色々とお話を聞かせてくれる。この時期はボルダラーが少なく、今日は誰もいないこと。ここのお薦めはピザとスペアリブライスであることなどです(笑)。とりあえず大沢ボルダーも下見だけ。ツルツルで良い感じでした。でも、実際トライすると、文句の一つや二つは出てきそうですが(苦笑)。

 

で、御岳に帰ってきちゃいました(笑)。ま、面白かったから良しとします。

気を取り直して、丸こんにゃくへ。これは草と水に行く手を阻まれ断念、残念!そのまま川沿いを歩き中州ボルダーへ。今日は時間が遅いせいもあってか釣り人はいない!よしっ!行くぞ!

 

ケーコさんは「ジャンピングフック」1級。レイバックからスタートし、右手ガストン、そしてバランス悪いなか左手サイドカチへ。今日はここまで。あとは飛ぶだけです!なんだか、初トライにしては上出来。結構光が見えていたりします。ケーコさんの初一級はこれと読みました。

 

そんなケーコさんに付き合い、コミも思い出しながらトライしてみる。で、予想通りダメ。ポトッって落ちたらケーコさんが「それでいいの?」と恐ろしい一言。何も言葉が返せないコミなのです。

で、ケーコさんに見つからないように4級にトライ。以前登ったときに「それ2級ですよ」と言われてしまった「レインボーハング」です。今度はキッチリ登ります。この課題はカンテ限定らしく、とにかくカチ。カチが苦手な人は、苦労するだろうなぁ~などと人ごとではないことを思いながらトライを重ねます。そして日没間近。

おぉぉ~、間に合った!結局「フンッ!」とか言いながら、気合いで登ってしまった。

ジャンピングフックもレインボーハングの2級ver.も1トライで登っているのに、こんなにも苦労するなんて。それだけ力がなくなっているのかな?と思わずにはいられません。最近特に感じるのはカチ力が、半減しているような気がします。きっと、指が痛くてカチ持ちを避けてきたからですね。でも、こればっかりはどうしようもなく、指をできるだけ気遣って登るスタンスは変えられないのかなって思います。まぁ、いざって時にはカチ持ちフルパワーもやりますけどね!

 

最後に初トライのカンテ6級を登って日が落ちます。

今日も楽しく、ケガなく登れて良かったです。

今日の成果

▲マミ岩 

 再 6級

 ◎ 4級 以前登ったのが納得いかなかったので登り直し。

      6級のガバを使わずに、カチアンダーで登った。うん、納得。

 △ マミ岩右SD/2級 左カンテ限定で登ろうと思ったけど、断念しました。

 再 マミ岩右/3級

▲とけたソフトクリーム

 ◎ キックマントル/3級 ★ ⑦

 OS 9級・7級・9級・9級

 × 3級SD ⑩ 数えたら10トライもしていた。疲れたぁ。。。

▲中州ボルダー

 ◎ レインボーハング/4級 ★ ⑥ 思った以上に悪かった。

 × ジャンピングフック/1級 ★ 再登ならず。こんなに難しかったけ?

 OS カンテ6級

3 コメント

2010年

9月

28日

昔話

こないだフラフラと御岳を散歩中、ある方とお会いしました。

失礼ですが、だいぶお年を召された(ように見える)その方。(これまた失礼ですが)夏、縁側でうちわパタパタしているような服装で、我々が苦労したソフトクリームのマントル3級を登っていました。しかもマットも敷かずに。サササッと。

 

その人、ただ者ではない。

幸いお話する時間があり、とても興味深いお話を聞かせて貰いました。

 

なんでもその方、あの「忍者返し」を第4登か5登したというから驚きます。詳しく話を聞いてみると、初登者である池田さんと一緒に登っていたとのこと。当時はボルトを4本打っていて(どこに!?)、トップロープで登っていたようです。トップロープで登っている写真は井上D助氏の著書で見かけましたが、今では想像できませんね。ジムがないからひたすら岩へ通う。マットがないから登り方や落ち方を考える。さらに噂に聞いていたとおり、忍者岩の下地は相当低かったようですね。今のスタートホールドが3,4手目で、曰く「あれが1級で、今はそんなにないんじゃない?」って言ってました。さらに右下(おそらく核心の下あたり?)に大きな岩があって(今は砂に埋もれているそうです)、それを避けるのに必死だったそうです。結局忍者返しを登るのに何ヶ月もみんなで通ったって言ってました。

 

今の忍者返し・・・
今の忍者返し・・・

 

ちょうどソフトクリームの上流側に平山ユージ氏がいて、気さくに話しているので聞いてみたら「高校生のときから知ってるよ。あの頃から強かったよ。」と。「オレが外国行ってスピード違反で捕まったんだよ。でもアイツはスピード違反で止められてもあの人なつっこい笑顔で許して貰っちゃうんだよ!ずるいよねぇ~。でも、昔からそうやってみんなに可愛がられてたよ。」って。

 

その当時、きっとコミはサッカーに明け暮れていたか、まったくクライミングなどというものは知りませんでした。ケーコさんも言っていましたが、もっと前から始めていたら・・・などと夢想してしまいますが、まあ、今楽しいので良いのです。でも、その当時のクライミングにも参加してみたかったななどと思いもします。

 

 

最後に、謎だった「キックマントル」というムーヴの正体を教えて貰ったので、今度トライしたいと思います。

3 コメント

2010年

9月

26日

出会いと意外な成果

御岳 とけたソフトクリーム

 

寒い。

と、ボルダラーがワイワイやって来る御岳。

そんなボルダラーの一人、コミ。

今日は一人なのでワイワイというわけにもいきませんが。

 

本当に寒くて、ストレッチどころじゃない。

のでジョギングなどで身体を温める。

御嶽駅前を通ってみると、パッドかついだ人がワイワイ。

コミは御岳へはほとんどが空いているときか(暑いときとも言う)、空いている岩へしか行っていなかったので結構衝撃的な光景。これからこんな感じなのかなって、日影岩を見下ろしながら御嶽駅前の橋でストレッチ。

 

まずはピンチオーバーハングの岩へ。目標は「ファットブロッカー」。

先客は一名。

って言っても絵を描いているお父さんですが。

 

さて、4級からスタート。朝一なので思わず「うっ」とか声が出てしまう。

降りてきて絵描きのお父さんが

「いやぁ、お上手ですね。」と誉めてくれる。

「その絵もお上手ですね。」と返してみる。

二人して照れ笑い。なんだか心温まる。

ファットブロッカー4級
変な声が漏れてます・・・

 

そしてファットブロッカーに。

トライ3日目です。

最初にトライしたのが今年の1月31日。デッドエンドが登れてフラフラしていたら、この課題に辿り着きました。その時はリップを叩いて終了。そしてこないだが2日目。遠いところのカチが取れずに終了。明らかに退化していますが、さて今日は?

 

1トライ目。

コミの4手目、手前のカチは楽に取れるようになりましたが遠いカチへの飛ばしがダメ。どうしたら届くのか?以前届いていたときのことを思い出す。

う~ん・・・。

導き出した結論が“足の使い方”でした。前回から、4手目を取るときに浅いキョンからガニーに戻して飛ばしていましたが、それだと距離が出づらいのか!?

じゃあ、浅いキョンのまま4手目、5手目を取ってやろうという作戦に決定。

 

これ、ピタリ。

実際にはこれが当たったのかはわかりませんが(精度が上がってきたのか、気合いが違かったのか?)、5手目を取れるようになりました。もうここまで来たら、あとは寄せて、ヒールかけて飛ばすだけ!

ファットブロッカー初段
あとは飛ばすだけ!

 

が!

ヒールの位置がしっくり来なくて、探し当てたときにはすでに心が折れているコミ。

(あぁ~、右手がぬめるぅ~)

もう、こんなことを考えている時点でダメ。

実際、登れるときはヌメリなんか気にしませんからね。

で、このあと2トライ追加もダメ。

疲れたのでレスト。

 

 

ふと日影岩を見ると、「彩雨」初段にトライしているペアがいるではないか!!

コミはこんなチャンスを待っていました。

フラフラと近寄り挨拶。そして図々しくも、

「どんな風に落ちますか?」

「どこいらにパッドを敷くのがベストですかね?」

って、どうにも気になっていたことが聞けました。彩雨をトライしている人を見たことがなかったので、本当に良かったです。

 

そしてレストついでにフラフラとお散歩へ出かけるコミ。

遠目にソフトクリーム周辺がワイワイしていたので見に行きます。

すると、すべり台に10人位の大パーティ。

ソフトクリームにも同じくらいの大パーティ。

さらにはオーストラリア岩にも4人ほど。おぉー!なんか楽しそう!

で、ピョコピョコと挨拶をしながら「水際カンテ」2段を見に行く。

もう、これこそ「のっぺり」。触った感触、絶望的。手が何とかなっても、足がさらに絶望的。と、うなだれながら裏で登っているパーティにご挨拶。

「ん!?」

と思わず二度見。

そして三度見。

うわぁ、初めて見ました。平山ユージ(さん)を。思わず再度挨拶。すると「おっ!」と笑顔満点で返してくれる。あぁ、やっぱり今日は良い日だ!話しかけることはできなかったけれど、大満足。講習会だったので、登っている姿を見られなかったのが残念だけれど。

 

 

かれこれ1時間くらいウロウロしてしまったコミ。

ファットブロッカーに戻ってみると、大変なことに!!

 

「あぁ~!水位が上がってるぅ~!!」

 

ギリギリパッドが敷けるくらいしかスペースがなかったのに、さらに水位が上がっていて今にもプカプカいいそうです!数秒悩んで出した結論が、あと1回!だって登れそうなんだもん!で、やっぱりやらなきゃ良かったってオチに。もう全てがアタフタしながら撤収作業。背負ったパッドが冷たい冷たい(泣)。こんなこともあるんですね。

 

で、絵描きのお父さんとお互いに健闘を祈りつつお別れ。さらに、彩雨のお二人にお礼を言いに。すると思いも寄らぬ展開が。

「一緒に登りましょう!」

うわぁ~!めっちゃ魅力的なお誘い!でもフラッシングしたいしなぁ・・・。でもせっかく誘ってくれたしなぁ・・・。

彩雨

で、結局手出しちゃってんの!

フラッシングトライなんて、まさか?の一手目を取れず落ち。

はかなくも夢散りました。

 

気を取り直して、お二人にアドバイスを貰いながらムーヴを探りに入る。

なるほど。

で、上の写真が2トライ目。

で、リップを叩いてこうなります。

 

・・・。

 

叩いたとこが悪かったのか、届かずに浅かったのかはわかりませんがとにかく落ちました。右手、めっちゃ見てます。そうです、痛かったんです(泣)。

 

で、気を取り直して3トライ目。

登れました!嬉しい!フラッシングは出来なかったけれど、そんなの関係なく嬉しい!

もう、アドバイス&スポット入ってくれたお二人に大感謝。本当にありがとうございました。

 

 

気を良くしたコミは、今日の目標②マミ岩へ向かいます。

のぞいてみると忍者もワイワイ、マミ岩も6人ほど、さらに奥の岩にも大パーティが。改めてスゴイ!

 

まずは、前回の宿題「マミ岩横断」2級から。

何も考えず取り付くが、ケーコさんムーヴが出てこなくてアタフタ。考えているうちに心折れ降りる。そして反省。こういうのがいけない。

で、仕切り直し。今度はバッチシ!

すんなりと、登ることができました。ケーコさん、ムーヴ教えてくれてありがとう!

 

そしてもう一つの宿題「マミ岩右SD」2級。

前回とは手順と足を変えてみました。とにかくコミの2手目ピンチが悪く感じられたけれども、そんなの気にしなければ何とかなるということを勉強させられました。結局5トライ目で無事登ることが出来ました。

 

コミは、今日家に帰って仕事をやらなければならないので14時に撤収。

(と言いつつ、ブログを書いていますが・・・) 

 

短い時間だったけれど、予想外の成果も出て、また、良い方々にも会うことができ大満足の一日でした。

 

 

今日の成果

 再 カンテ4級(ピンチオーバーハング)★

 × ファットブロッカー/初段 ⑤ あとはリップを止めるだけ。でも止まらない。

 ◎ 彩雨/初段 ③ ★★★

  3手目が剥がれそう。リップをマッチするところがバランシーだった。嬉しい!

 ◎ マミ岩横断/2級 ②(計2日⑩トライ) ★

  ムーヴを考えたケーコさんが偉い。

 ◎ マミ岩右SD/2級 ⑤(計2日⑩トライ) 気持ち次第って勉強になった。

 ◎ 多くのボルダラーとお話が出来た。本当に楽しかった。

 × たった今ブログを見たケーコさんからお叱りの電話。

  「私のムーヴで、私より早く、勝手に登ってぇ(怒)!!」

   ごめんなさい。でも負けたくはないんです(笑)!! 

2 コメント

2010年

9月

19日

嶺の夕と完全コピー

 

奇妙な釣り人がいる、ここは御岳。

 

今日は「嶺の夕」1級を登りたくてやってきました。

朝一より早速日影岩へ。この嶺の夕、コミ的には御岳一のかっこよさです。

 

ほんのチョットかぶっていて、スッと切り落とされた一枚の岩に一本のライン。

高さもあって、本当に美しいです。

下地は悪いですが、トライしてみてよっぽどのことがない限り変な場所に落ちないだろうなって思いました。

 

で、2トライ+練習。核心が下で触ることができたので、そのムーヴを考えるのと、練習するのでかなりの時間を費やしました。コミが苦手なカチだらけで、足も微妙な位置、そしてホールドが遠い。みんなどうやって登っているんだろうって不思議に思いながら、辿り着いたムーヴはダイナミックなもの。イメージ的にはスタティックな感じがしますが、今のコミの力ではスタティックには登れないようです。結局はその核心で落ちてしまい、次回に持ち越し。

う~ん、カチを避けてきたので全くカチに対応できなくなっていました。

御岳 嶺の夕 1級
核心直前のコミ。

で、ケーコさんの希望により中州ボルダーへ車ごと移動。

「ジャンピングフック」1級や「レインボーハング」4級を登れたらって感じです。

しかし!やっぱりこの時期は釣り人が多く、肝心のジャンピングフックの下には釣り人の荷物がたくさん置かれています。ので、裏面の8・8・9級に静かにトライ開始。

そして30秒ほどで登っちゃうケーコさん。さすがです。

けれどいつまで経っても降りられないケーコさん。どうやら降りるのが核心のようです(苦笑)。

あっという間に3本を登ってしまい、じゃあ、次なる移動場所を考えといてということで、その隙にコミはNH(ノーハンド)でトライ開始。

 

いやぁ~、童心にかえりましたね。

足が滑って顔面強打しそうで怖かったですが、すごく楽しかったです。

途中コミを下からのぞき込んでいるケーコさんは、こんなことを言っていました。

 

「楽しそうに登っているけれど、顔は超真剣だったよ」

 

って。あぁー、そうですか。

 

さて、近場でデッドエンドへ移動。

すぐさま5級にトライ開始するケーコさん。

完全にフラッシング・モードでコミにホールドとムーヴを聞く。けれどもスタートのヒールフックがしっくり来ない様子。しばし考え、出た結論がヒールじゃなくて蹴る!でした。うん、良く考えつきましたね。その引き出しが大事ですよ!きっとヒールに拘っていたら出来なかった課題ですが、自分で自分に出来る答えを見つけたってのが成長の証。っていうことで、無事フラッシング!おめでとう!

コミは「デッドエンド横断」のスタートから1級に合流するまでのムーヴ作り。頭の中にはイメージがあるんだけれど、なかなかうまくつながりません。その後、ケーコさんと一緒に「イギリス人のトラヴァース」2級、そして以前歯が立たなかった4級にトライ。

イギリス人は核心の手順足順がうまく決まらず。う~ん、狭い!

4級はこれまた前回と同じく、スタートすらできず。ケーコさんはスタートして一手目で落ちてしまいましたが、なんか先を越されている感がありありです。ヒタヒタと足音が聞こえてきています・・・。

イギリス人のトラヴァース
イギリス人のスタート。
4級に打ちのめされ、うなだれるケーコさん。
4級に打ちのめされ、うなだれるケーコさん。

そしてまたまた移動。

寒山寺駐車場に停め、エゴイスト経由鵜の瀬岩行きです。エゴイストは2人ばかりトライしている人がいました。デッドエンドも大勢いましたし、どんどんボルダラーが増えてきている御岳。そういえば、今日一日とても過ごしやすかった気がします。

 

で、鵜の瀬岩周辺は予想通りの草没。夏はやっぱし無理ですね。なのでトコトコ歩いてマミ岩へ。

 

まずはケーコさん、前回登らなかった4級。で、フラッシング。スタートがバランシーなので離陸するまで時間がかかりましたが、これくらいの課題では落ちなくなっていますね!

マミ岩4級
フラッシング!

最後に二人でロクスノに載っていた「マミ岩横断」2級にトライ。

一生懸命にムーヴを考えた結果、二人ともまるで違うムーヴに。しかし、ここでコミはふと気付く。ケーコさんのムーヴの方が力を使わないんじゃないのか!?コミはカチアンダーを使ったりで指力をロスしますが、ケーコさんは甘いカンテを使うので指力を温存できていそう。

で、コミ。完全コピーです。ケーコさんのブーイングには耳を貸さず、完全コピーです。

これがケーコさん。
これがケーコさん。
これがコミ。
これがコミ。

こうやって写真を見比べてみると、結構精密なコピーで自画自賛(笑)。

まっ、この後の3級のパートで二人とも落ちていますが(苦笑)。

 

 

今日の記録

 × 嶺の夕/1級(日影岩) ②+練習たくさん

  予想以上に核心がむずかった。カチ力の無さを痛感。

 ○ 9級NH(中州ボルダー) たくさん。こういうのも楽しい。

 × デッドエンド横断/初段 ① 未だスタートから1級までのムーヴができず。

 × イギリス人のトラヴァースSD/2級(デッドエンド) ② パワーが必要。

 × 4級(デッドエンド) スタートすらしてません。

 × マミ岩横断/2級(マミ岩) ⑧ バランシーで面白い。なぜかパンプ落ち。

2 コメント

2010年

9月

14日

初ボルダリングとピンクのボーダー

タケピさんが忍者返しを登っているとき、その他4名のボルダラーはというと決して遊んでいたわけではありません。それぞれの課題に真剣に打ち込んでいたのです!!

その頑張りっぷりを伝えたいがため、かなりの長文になってしまいましたが・・・

 

 

行きの車中、高校生二人組は興奮気味。

ナカちゃんは、御岳ってどういうとこなの!?ケーコさんに食いつくように聞いていました。

サカモッちゃんはというと、パンクやらメタルやらスクリームやら物騒な言葉が飛び交う会話をしていました、コミと(苦笑)。

まっ、いろんな意味で興奮気味の二人。

 

それはそうです。

だって、初めてのボルダリングなのです!

高校生なので、なかなか外へ行ける環境にはないのです。

ってことで、あっという間の2時間半で到着。

 

コミは日影岩とピンチオーバーハングを下見に別行動。

ピンチオーバーハングは久しぶりに池ポチャじゃなくて、これなら登れそう。日影岩も染み出しもなく良い感じ。よし、後で来よう!

で、一人でトボトボ忍者岩へと。

 

 

あぁぁぁぁぁぁぁぁ!

ナカちゃんとサカモッちゃんがもう登ってるぅぅぅ! 

二人の初ボルダリングを見逃したぁぁぁぁぁぁ!

 

 

記念すべき初ボルダリングを動画に納めようと狙っていたのに。。。

 

しゅん。。。

 

 

そんな二人、ケーコさんにスポットとか心構えとかを教えて貰いながらワシワシ

登っていきます。怖いモノ知らず。これは良いですね!

 

で、アップが済んで白狐岩へ移動。

ケーコさんの目標トラヴァース5級をみんなでワイワイ登る。

その頃タケピさんはまだ、テーピングやら何やらしています。

ナカちゃんの5級トライ。早速ボルダラーとなっています。

 

サカモッちゃんも。次の一手が出ない!

ガンバッ!!!

 

そして真打ち登場。

威風堂々。

見せてやりなさい、先輩の登りを。

 

じゃ~ん!

どうですか!この登り!

ナカちゃんの尊敬の眼差しが痛々しいです。

 

今日のケーコさん、ひと味違います。

こう、なんていうか、いつもと何かが違うんです。

 

 

そしてコミ。

今日の目標「白狐岩3級」の再登へのトライを開始します!

ムーヴは決まっているので、3トライ目に登れました!あぁ~面白い、この課題!

でも1トライ目、見られてはいけないものを見られてしまったのが心残り・・・。

ケーコさんの余計な一言がぐさりと(苦笑)。あぁー恥ずかしい! 

 

続いてマミ岩へと。

はじっこの6級を3人がスイスイ登る。うんうん。

そしてお隣4級をスイスイと登れない高校生二人。離陸すらままならず。う~んう~ん。

ずいぶんとあきらめが早いナカ・サカモッちゃんは、隣の3級へお引っ越し。

さあ、ケーコさんも参加して3級大会。

バランシー!

 

ナカちゃん一抜けの気配!ガンバッ!

でも、なんかシューズがゆるいのか、まだ足が岩に慣れていないのか上手に乗り込めない。そしていなくなるナカ・サカモッちゃん・ケーコさん。

 

ポツ~ン。

 

えぇ!?

なぜか、知らないうちに置いてかれたコミ。どうして?

 

しばらくすると、ケーコさんだけ戻ってくる。

手にはミウラー。

そして・・・

「やっぱ、ミウラーすごい!!」 だって(苦笑)。

 

ミウラーに変えた瞬間、サササッです。

やっぱし何かが違う。 

 

 

ちなみにコミはコミで、それなりにマミ岩を食していましたが、どうにも手に負えない課題がありまして。この3級のSD。

結局登れずじまい。

う~ん、むずい?

また新たな目標が。

 

 

で、 

忍者に戻ると、ナカ・サカモッちゃん、熱心におにぎりを食べてました(苦笑)。

そしてタケピさんはいつにない集中力で読書中(泣)。

 

「3級登れたんだよ!」

  と興奮した調子でケーコさん。

「あぁ~、そういえば叫び声が聞こえた気がしないでもない。」

  と、つれないタケピさん。 この温度差(笑)。

 

では、移動しましょうということでコミは最後に忍者クライマー返しを少し。

忍者クライマー返し

そして落ちます。この直後に。いつも通り。

 

さっ、移動移動!

 

 

そしてここは、ピンチオーバーハングの岩。

コミは一人で行く予定だったんだけれど、みんなついてきてくれました。

優しいなぁ。

 

ナカちゃん、サカモッちゃん、ケーコさんはカンテ5級を全員一撃!

特筆すべくはナカちゃんのオンサイト。

ライン取りも良かったし、いいクライミングでした。

 

さらにカンテ4級に。

この課題もナカちゃん一抜け!

課題的にスタートやラインが合っているかはわかりませんが、おそらくこう登りたくなるのでいいんでしょう。とにかくナイスクライミング!

 

そしてケーコさんもサササッと登ってしまいます。

今日のケーコさんに何が!?

 

そしてサカモッちゃん。

危うく一人取り残されそうになりましたが、何とか(まさに)食らいつきました。

ナイス!

 

 

コミとタケピさんはというと・・・

ファットブロッカー初段①

「ファットブロッカー」初段。

コミは過去2日、8トライして登れていません。

虎視眈々と狙っていたんですが、今日はここまで。初めて触ったときよりも登れなくなっていました。以前は遠いカチを取ってリップを叩いていたんですが、今日はカチすら遠くて取れませんでした。でも写真を見ると明らかに届いているから、じゃあ気合いが足りないんだと反省。

ファットブロッカー初段②

タケピさんは、やっぱり以前より強くなっています。前回来たときは、一瞬で「これは無理だ」と投げ出していたのが、今日は一手先に進んでいます。でも、忍者で力を使い果たしたのか、今日はここまで。

 

そして、またまた移動!行くぞぉ!!

 

 

最後に辿り着いた先はとけたソフトクリーム。

 

タケピさんはすぐさま就寝。普段そんなに寝てないのかと不安にもなる。

 

 

まずは「凹角右」3級にトライ。ケーコさんが見本?を見せてくれる。

初めて登ったときよりもスムース。やっぱし何かが違う。

 

結局ナカちゃん、サカモッちゃんは手に負えず。5級に照準を定めました。

そんなとき、ヨタヨタとタケピさん。おはようございます。前回恐怖に打ち勝つことが出来なかった凹角右にトライ開始。そんなタケピさんを見てニコニコしているケーコさん(ケーコさんは既に登れている)。暇そう?だったので、東面(南?)3級最後の砦にトライすることを勧める。

カチが痛~い!と何度も心折れますが・・・

やっぱし何かが違うケーコさん。

本日2本目の3級!そして4級、5級、6級と切れ切れです。

 

そしてコミは気付くのです。

 

 

 !!

 

 

あっ!!

服とチョークバッグがコーディネイトされているんだ!!

ピンクのボーダーで揃えてるじゃん!

めっちゃかわいくなってます。

な~んだ、そういうことなんだね! 

やっぱし服装は大事ですよね!

お気に入りの服とかだと、めっちゃ気合い入りますからね!

 

と、一人納得。あ~スッキリ!

 

 

そして日が落ちた頃、ナカちゃんがとうとう・・・

本人曰く、今日一番嬉しかった瞬間。

おめでとう!!!

 

画面のはじっこ、3級の核心部でケーコさんのアドバイスを聞いているタケピさんがカワイクもありますが・・・(笑)。タケピさんも、その後無事完登しましたよ!

 

 

そして・・・

 

 

一人取り残されるサカモッちゃんなのでした・・・

 

今日の記録

 再 トラヴァース/5級 ① (白狐岩#41)パワーで押し切ってしまった、反省

 再 3級 ③ (白狐岩#44)★★★です!面白い!次はSDで!

 × 忍者クライマー返し/二段? ③ あぁ、核心がぁ・・・

 再 マミ岩中央/4級 ① (マミ岩#6)出だしバランシー

 再 マミ岩右/3級 ① (マミ岩#7)雨の日一人で恐ろしい思いをした記憶が

 × マミ岩右SD/2級 ⑤ (マミ岩#8)う~ん、手順を変えてみよう!

 × ファットブロッカー/初段 ⑤ (ピンチオーバーハング)次は登れそう

 FL カンテ/4級 (ピンチオーバーハング#33)#36につなげたら楽しかった

 FL カンテ/5級 (ピンチオーバーハング#37)

 再 凹角右/3級 ① (とけたソフトクリーム#10)前回よりスムース

 再 3級 ① (とけたソフトクリーム#11)

 再 5級 ① (とけたソフトクリーム#13)

2 コメント

2010年

9月

13日

タケピさんと忍者返し

今日は御岳。

 

珍しく朝一から忍者返しの岩へと向かう。

そしてタケピさん、宿敵「忍者返し」にトライを開始する。

 

 

 

スタートホールドに手を掛けるタケピさん。

今日こそは!

 

 

核心の飛ばし。

以前は止まらなかったけれど、ここ最近はかなりの確度で止まっています。

このムーヴに慣れてきたのか、筋力がついてきたのか?

おそらく両方だと思います。

忍者返し タケピさん①

 

 

クロスでガバ。

右手クラックへの体勢を整えます。

 

 

ここは、まだ一度も止まっていない。

ここさえ止めてしまえば、あとは・・・

 

 

が、まだ身体が温まっていないのか!?

やっぱり止まらない!

 

 

そして、まさに忍者のような素早い動きでケーコさんの脇を抜けていく!

 

サササッ

 

 

呆然と見送るケーコさん。

「どこ行くの~!?」

 

 

そしてかわいく川ギリギリで止まるタケピさん。

 

 

そんな感じで今日の忍者返しとの戦いが始まりました。

 

今日は、タケピさん、ケーコさんはもちろん、コミが誘ってきた高校生二人組のナカちゃんとサカモッちゃんも参加。5名のパーティです。

 

忍者返しの岩は、6,7人のボルダラーしかいなくて、コンディションも思ったほど悪くなく楽しく登ることが出来ました。途中、ナカちゃんとサカモッちゃんが忍者返しにトライしてみましたが、一手目が取れず。二人とも決して登れないクライマーではないので、改めて忍者返しの難しさを感じます。

 

 

さて、時間も14時30分を過ぎる頃。

みんな、近場の岩は十分楽しみそろそろ移動しようかって雰囲気。

タケピさんも「じゃあ、最後にワントライ」ってことで、本日のラストトライ。

 

 

その渾身のトライ。

まずは見てください!

 

 

気合いの入った登り。

感動しました。

タケピさんの忍者返しへのトライは全て見ているので、余計に嬉しかったです。

 

忍者返しが初1級!なんかカッコイイ!

これで1級ボルダラーとして胸を張ることができますね!

もうケーコさんも文句を言えなくなりましたね(ケーコさんは2級がmax)。

 

とにかくおめでとうございます!

次は初段ですか!?

それとも易しいグレードでも面白い課題はたくさんあるので、経験を積みますか!?

どちらにしろ、コミも一緒に登りますんでよろしくお願いしますね。

 

 

ちなみに、登り切った後ナカちゃんとケーコさんが

「先にハイタッチをした人が勝ちね!」

などと、興奮のあまり訳の分からない勝負をしていました。

果たしてその結果は・・・ 

 

あっさりナカちゃんとハイタッチ。

あぁ~、タケピさん、痛恨のミス!

 

その後のケーコさんは、みなさんの想像にお任せします(苦笑)。

 

 

 

最後にビデオを持つコミと。

2 コメント

2010年

8月

14日

忍者返しと成長

蒸し暑すぎるデッドエンド。

不快指数100突破です。

まずはタケピさん。今日のお目当て「デッドエンド」1級に。

1トライずつ、確実に高度を延ばしていきますが左足トウフックを外すとこでストップ。身体が回ってしまいはがされてしまいます。足の置き場など色々試しますが決定打なく。で、勅使河原に浮気するも一手目の痛さに耐えきれずレスト。

そして、右の方で一人で楽しげに「イギリス人のトラヴァース」2級をトライしているのが、そう、ケーコさんである。 どうやら、前回の復習をしているようである。

あえて、ほっとくこととするコミ。 

で、タケピさんレスト終了。

左手の保持の仕方や重心の位置、足の位置などを微調整するもうまくいかずレスト。

そして、右の方で何やら岩に語りかけているのが、もちろんケーコさんである。

「これを取ったとしてぇ~」などと語りかけている。

大人のマナーとして見て見ぬふりをするコミ。 

で、タケピさんレスト・・・中?

ってか就寝中。

え~っ!?

そして、右の方からヨロヨロと若干怒気の混ざったのオーラをまとって歩いてくるのが、ケーコさんである。

どうやら、イギリス人はあきらめたらしい。

心の中で(ドンマイ)と軽くなぐさめるコミ。

で、ようやくコミ始動。

デッドエンドをやりたくなり、ポッケを取るムーヴで左足を高く上げた瞬間、まだ肉離れが完治していないことを知る。結構ショック。歩くのとか全然平気なのに、足を高く上げて乗り込む動きがダメ。大臀筋近くが患部っぽい。

なので「デッドエンド左」初段にトライ。

一手目を取るのに手間取り、取ったと思ったら保持できず。色々試すも心折れ敗退。

なので「デッドエンド横断」初段の後半部分をやってみる。これはすぐに出来る。でも、そこにつなげるまでが出来なくて悩んだあげく「次回やる!」という結論に達する。

そして右の方の4級にトライ開始!・・・すらできず。

オブザベにオブザベを重ねること小一時間。スタートホールドすら決まらず敗退。

ガックシ。

で、タケピさん。その間ずっと夢の中。

いい加減起こさなきゃと思い声を掛けると・・・

「うわぁ・・・寝てた??・・・変な夢みた・・・」

とうわごとを言う。あえて夢の話には乗らず「登りましょう!」と催促をするコミ。

けれでも、心ここにあらずでどこかへ消えるタケピさん。

そして、右の方で3級(#23)の前で首を傾げているのが、当然ケーコさんである。

何回かトライするもリップが叩けず。

と、そこへタケピさん登場。

「アップで。」

とか(もう散々デッドエンドをトライしているのに)言いながら3級に参戦。

2回ほどリップを叩いた後、ケーコさんから

「こんなのやってないで、デッドエンドやりなさい!」

と怒られ、志半ばでデッドエンドに向かうタケピさん。

コミもその後5,6回トライするも登れず。そしてタケピさんの様子を見に行く。

で、タケピさん。まだシューズすら履いていない。と思ったら・・・

「今、違うホールドを試してみたんだけどダメだな。」

などと言う。え~っ!この数分でもうトライして、もうレスト!?

と、言うことでタケピさんレスト。

で、タケピさんレスト終了。

何回かトライするが打開策がなくレスト。

コミは、デッドエンドの右隣5級(#19)にトライ。下地が悪く、怖い。オブザベ通りヒールフックから右手、左手・・・濡れてる・・・怖ッ!ってことで超冷や冷やしながらクライムダウン。う~ん・・・。心の準備をしてからリトライ。で、タケピさんのスポットもあり、なんとか完登。ムーヴがあって面白い課題でした。

そして、右の方で「バシッ!」って音を立てながらリップを叩いているのが、ケーコさんである。

おぉぉ!いつの間にリップを叩いてる!これは撮影隊出動です。

そして・・・

感動的なクライミング。

ケーコさんの登りは気持ちが入っていて、見ていて気持ちがいいですね。

ついつい応援の声もうるさくなっちゃいます。ごめんなさい。

でもこのリップ、本当にツルツルで止まらないんです。

よくぞ止めましたね!日に日に経験値アップしているケーコさん。

今後、ますます楽しみですね!

ちなみに、タケピさんはなぜか微笑みながらスポットしていました(苦笑)。

そして、いよいよラストトライのタケピさん。

15時を過ぎ、岩からは染み出しが。

振られを止められるようになって左足も上がりますが、乗り込むまでは行かず。

でも着実に伸びているので、登り込めばチャンスはありますね!

御岳 デッドエンド1級

遅い時間だけれど忍者返しの岩へ移動。

 

ケーコさんは、白狐岩の「トラヴァース5級」や「3級」にトライしたけれども解決できずタイムアップ。

 

コミはというと、「忍者返し」を登ってみたり(←登れてない)、「忍者クライマー返し」を登ってみたり(←登れてない)、ケーコさんに促され「3級」を登ったり(←登れてない)・・・。

 

・・・。

 

 

タケピさんは「忍者返し」1級にトライ!

冬やったときは核心の飛ばしがなかなか止まらず。けれど、今日は違います!しょっぱなから飛ばしを難なく成功させます。クラックへ挿すところで落ちてしまいますが、完登の気配。その後、核心を何度も越えますがクラックに挿せず。一度はクラックを保持したんだけれど、痛恨のフォール。

日没。

一緒にいたフランス人さんの一言。

「ウ~ン、ザンネン!」

本当に惜しかったので、後ろ髪を引かれる思いですが撤収。

タケピさんも成長を感じた!って言っていたし、次回が楽しみです。

これでタケピさん、忍者返しとパイプラインにリーチがかかりました。

ルートでは5.12bを登っているので、これくらいは当たり前ですね!

とっとと、登っちゃってください!

御岳 忍者返し1級

今日の成果

デッドエンドの岩

 ◎5級(#19)★ オンサイト。一度クライムダウンしたことは内緒で。

           面白かったのでみんなを誘ったけれど、

           誰も登ってくれなかったので2回登っちゃいました。

 ◎3級(#23)★ 結局再登できました。パシパシが面白い!

 ▲デッドエンド・1級 ★ ×1 再登を試みるも断念。

 ▲デッドエンド左・初段 ×7 ポッケの保持ができない。指がちぎれそう。

 ▲デッドエンド横断・初段 ×2 練習2回。大いに可能性有り。

                 直近の目標か!?

 ▲4級(#22) ×6 意を決して最後トライするも落ちまくり。悔しい。

忍者返しの岩

 ▲忍者返し・1級 ★★ ×2 怖さに負けました。

 ▲忍者クライマー返し・二段 ×2 右トラヴァース後の核心が解決できず。

                  冬にトライ再開します。 

白狐岩

 ▲3級(#44) ★★ ×5 本当にオンサイトしたの?

                疑惑のボルダリングに終始。 

  ※↑オンサイトしたと思っていたら、4試合目でやっと登れてました。

   どうりで難しいと思った(汗)

2 コメント

2010年

8月

03日

ボケと勅使河原

御岳 とけたソフトクリーム岩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、来てしまいました。

こんなにも暑いのに。

つい、うっかりしちゃうんですよね。

 

ってことで、またしても御岳。本日タケピさんは福島へ帰省のためケーコさんと二人で。ずっと一人で湯河原、御岳と行っていたので一緒に行く人がいるのも楽しいですね。

 

まずは、「彩雨」初段を確認。こっそりフラッシングをしようと狙っています。ので昨晩YouTubeで予習済み。普段はできるだけオンサイトをしようと登っていない課題は見ないんですが、ついつい気になっちゃって見ちゃうんですよね(苦笑)。良くないよなぁ~。。。で、彩雨は気になっちゃったので見ました。完璧にムーヴと手順を頭に入れました。さらにK師の動画をめちゃ見るコミ。一人で登るときにはどこにマットを置くのか?そして、どうしたら一人でトライする気になるのか?まっ、結局どうして一人でトライする勇気が持てるのか、映像だけじゃわかりませんが(涙)。で、トライ断念。下地の悪さに勇気が湧きませんでした(涙)。この課題、フラッシングできそうなので、大切にとっておきます。

 

そして、ケーコさんが「凹角左3級」をフラッシングする!ということでソフトクリームへ。入念にイメトレしていざトライ!が、どうやらイメージとは違うみたいで、数秒後降りてきます。そして一言。

「落ちたんじゃないよ。降りたんだよ。」

わかってますよ!どうぞごゆっくり。

で、コミムーヴは合わないということで自分なりのムーヴを考える、考える。

で、結論!

「私、“寄せ”が好きだから。」

と、訳のわからない理由でクロスではなく“飛ばしては寄せ、飛ばしては寄せ”というシークエンスを考えました。

 

そして・・・それが的中!

何回かは落ちてしまいましたが、登りましたよ!

素晴らしいクライミングでしたね!

しっかりと考えて、そして勇気出して!

おめでとう!

では、その登りを振り返ってみましょう↓

御岳 とけたソフトクリーム 凹角3級左 ケーコさん①

入念なイメトレ。

 

 

御岳 とけたソフトクリーム 凹角3級左 ケーコさん②

トライ開始!

 

 

・・・んっ??

なにやら画面がぼけていますよ???

 

 

御岳 とけたソフトクリーム 凹角3級左 ケーコさん③

うわぁ~!!!

完全にぼけてる!!!

レンズに付いたチョークにピントが合ってる!!!

 

おそらく核心のマントリングをしているケーコさんです。

 

 

御岳 とけたソフトクリーム 凹角3級左 ケーコさん④

気合いで登り切ったケーコさん。

かろうじてケーコさんらしきモノが写っていますが・・・。

 

本当にごめんなさい。家に帰って見返してから気づきました。

電話で謝ったら許してくれましたが・・・、また今度登ってくださいね。

でも、奇跡的にコミの完登シーンはバッチシ映っていましたが。

「凹角右」の一つ右の3級。合計8試合。このラインは悪かったです。

その後、モンキーポッケにうっかり手を出してしまい4試合目にやっちゃいました。

左足ヒールから左手を飛ばす一手目。の時に左足の中で嫌な音が。瞬間「痛い!」って叫んじゃいました。が、それほどの痛さはなく。股関節をやったのかなって思っていましたが、後でハムストリングスの軽い肉離れと判明。靱帯じゃなくて良かった~。

 

 

ケーコさんの希望でデッドエンドへ移動。ケーコさんは「イギリス人のトラバース2級」、コミはとうとう宿敵「勅使河原」との対決。

 

コミvs勅使河原

1試合目-久しぶりに一手目の痛さを味わう。

2試合目-デッドエンドのポッケを触っておしまい。

3試合目-リップを触って落ちる。

4試合目-リップを叩いて落ちる。

-レスト-

ここで強いクライマー2名登場。勅使河原を登って貰い良いイメージが沸く!

5試合目-リップを一瞬保持して落ちる。

6試合目-リップを1秒保持して落ちる。

7試合目-一手目の痛さに落ちる。

8試合目-一手目の痛さに耐えられず落ちる。

そして9試合目↓

長かった~。

トライ日数5日、合計トライ数46!(9・11・11・6・9)

 

勝因は直前に良い登りを見たのと、スポットに入ってくれたので安心してヒールをかけられたことです。それを言うとケーコさんは

「私がデッドエンド行こうって言ったからでしょ!」

と言っていましたが(苦笑)。

強いお二人はとても良い方で、話も面白かったですし大感謝です。

 

そしてケーコさんはイギリス人のトラヴァースが気に入ったようです。

「こんなことしたことない!」

って課題だそうで、試行錯誤しながら一手一手進んでいました。結局登れませんでしたが、楽しめそうですね!(コミも最後トライしましたが登れませんでした)

 

 

本日の成果

とけたソフトクリーム

 ■アンダー7級 R ■5級 R ■3級 ⑧

オーストラリア岩 

 △モンキーポッケ(SD)

 △3級×1

デッドエンド

 ■勅使河原美加の半生 初段 合計46トライ

 △イギリス人のトラヴァース(SD) 2級×1 

4 コメント

2010年

8月

01日

暑すぎる御岳とソフトクリーム

とにかく暑い。

にも関わらず、御岳へとイソイソと出かけてしまうコミ。

明らかに時機を逸している気もしますが、「衣替え」宣言から2ヶ月。

やっと衣替えです。

本当に久しぶりのボルダリング。

気持ちの中では「勅使河原美加の半生」を登ってやろうと思っていましたが、左手小指をドッヂボールにて突き指(何歳だよ!)をしてしまい力が入らないので、勅使河原の一手目が保持出来ないと判断。雨上がりということも手伝って乾きやすいだろうソフトクリームへ初見参。

ということで、ソフトクリームへは3日間通いました。

うち2日は午後ゲリラ豪雨(泣)。恐るべしです。

 

ちなみに「とけたソフトクリーム」の名前の由来はどうなんですかね?

ツルツル・スムージーだからなのか、形からなのか・・・?

そんなことに思いを馳せながら登り始めました。

 

まずは「アンダー7級」一撃で。と言ってもビビリまくりでしたが(苦笑)。

そしてお隣「5級」も一撃。と言ってもグダグダでしたが(苦笑)。

さらに隣の隣、初級者脱却の登竜門「凹角右抜け3級」も一撃。と言っても20分くらい怖くてマントリングできず(笑えない)。冷や汗かきまくりのオンサイトでした。

 

タケピさん、ケーコさんも順調に7級、5級を登りました。まっ、ケーコさんは5級苦労していましたが・・・。でも自分で考えたムーヴがずいぶんと気に入ったようです。確かにキレイに登っていますね。

↓ケーコさんの5級完登シーン。フラッギング要チェックです。

さらに勢いあまってケーコさん、凹角右抜け3級も完登!

今までで一番嬉しい!ってくらい嬉しかったようです。

「勝因は?」の問いに

「勇気です!」

と堂々と言ってのけるケーコさんがカッコ良かったです(笑)。

↓ケーコさん凹角右抜け3級。根気強く見てあげてください。できれば、パソコンの画面に向かって「ガンバッ!」と声を掛けてあげると本人も喜ぶと思います(笑)

コミはその後、「マントル4級」「すべり台6級」を登りソフトクリーム・トラヴァース初段にトライ開始。

初日、(コミ的)核心ガバガストンのマッチまで。6トライ。

全体を見渡して、それほど悪そうではなく早い決着を夢見ました!

2日目、7トライ目で核心突破で一気にトラヴァース完了!マントリング!で落ちました。パンプしている上に、右足の位置が低くて左足上がらず。心と身体がクタクタなので今日は終了と思いきや、ケーコさんのまさかの一言。

「もう一度登りな!」

で、トライするも2手目で落ちること数回。結局5トライを追加して終了。やんなきゃ良かった(苦笑)。

そして3日目。アップ終了後の一試合目。

通算3日、19トライ。思ったよりもかかってしまいましたが嬉しいです!

スポットしてくれたタケピさん、ありがとうございました!

そんなタケピさんは成果なし。雨にもたたられ残念!

 

最後にコミは凹角の左抜けをやってみようとムーヴを探ります。

安易な気持ちで取り付いてしまい当然登れず。もう一度ライン取りとホールド、ムーヴをよく考えてトライ。上部で滑って落ちてしまい、すぐに3度目のトライ。ようやく登れました!オンサイトできたんじゃないかと、安易に取り付いたことを後悔。でも、楽しい課題だったので大満足です。

3日間の成果

 とけたソフトクリーム岩

  ■ アンダー 7級 ①

  ■ 5級 ①

  ■ 凹角右 3級 ①

  ■ 凹角左 3級 ③

  ■ マントル 4級 ④

  ■ トラヴァース 初段 ⑲

 すべり台

  ■ すべり台 6級 ①

  △ 6級×1

 オーストラリア岩

  △ モンキーポッケ 初段×2

4 コメント

2010年

5月

31日

衣替えと勅使河原

暑くなってきて、湯河原もそろそろ限界グレードにトライするのが難しくなってきました。今までは、登りたいルートがあれば真夏でも5.12aとか限界グレードにトライしていましたが、今はそこまでのモチベーションがない状態です。

一通り登りたい課題は登れたので、湯河原ボルダーからひとまず離れようかなって思っています。

 

次なる目標は・・・

 

勅使河原!

 

4日間37トライを費やしています!

届きそうで届かないリップ!

 

と、言うことで

少し気分転換に御岳へ通おうと思います。

とか言いつつ、ルートもやりたいと思っているコミなのでしたぁ。

 

2 コメント